スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


蛭子神社(兵庫県神戸市兵庫区)

蛭子神社(えびすじんじゃ 兵庫・柵原蛭子神社)

前回の金毘羅神宮神戸分社より八宮神社さんの参拝を無事終わり、年明けよりまたじわじわと西に向かいます。

五宮神社以降、御朱印は頂けてませんが祇園神社さんでご紹介頂いた平野・夢野地域の参拝も行って居るので、この地域ではかなり足踏み(徘徊?)してる気がします。

そしてこの大輪田・兵庫湊もやはり一通りお参りしておくべきかなとやはりこちらでもゆっくりと参拝していきます。

 

一度参拝した兵庫厳島神社より南西に。

湊八幡神社傍にあった湊口惣門と対になる兵庫湊の西の惣門・柳原惣門跡付近に鎮座する蛭子神社に向かいます。

西柳原には恵比寿神を祀るこの蛭子神社、そしてそこに隣接する形で大黒天をお祭りする福海寺があり、非常に縁起の良さそうな土地です。

それ以外にも付近には寺院が点在し、兵庫湊自体が兵庫城を中心とする城塞都市として整備され直し、その外周に寺院を配置して有事の境界・砦としようとしたという話をどこかで聞いたのを思い出します。

 

ともあれ、蛭子神社の話です。

この神社については鎮座の年代がはっきりしないようです。

往古、蛭子命天磐櫞船に乗りて淡海島より津国に遷座し、一社を創建したという内容が社記に残っているようですが、具体的な時期については書いてなさそうです。

西宮恵比寿の神幸渡御(西宮神社より和田岬に海路渡御する神事:最近四百年ぶりに復活したようです)の際の還路(陸路)に立ち寄る西宮内にあった神輿の行在所が後に当地に遷座して一社を構えたとも言われています。

西宮神社の神幸渡御に関しては1180年の山槐記にも記載されており、少なくともその時期にはこの神社の前身は存在したと言うことでしょうか。

現在は当地の福の神・商売の神として尊崇されております。

 

平成22年、震災の為に痛んでいた社殿を建て直したのを皮切りに順次鳥居なども新しいものに変えていっているようです。

真新しい社殿なども氏子や崇敬者の協力の賜物と見るとその熱心な思いが伺えます。

 

【社格等】 不明

【御祭神】 蛭子大神 大物主大神

今回頂いた御朱印です。

蛭子神社(神戸市兵庫区)  

【所在地】 兵庫県神戸市兵庫区西柳原町5-20 →地図

【公式HP】http://www.hyogo-ebisu.com/

記事記載神社:金刀比羅宮神戸分社(兵庫県神戸市兵庫区)厳島神社(兵庫県神戸市兵庫区)八宮神社(兵庫県神戸市中央区)・六宮神社合祀五宮神社(兵庫県神戸市兵庫区)祇園神社(兵庫県神戸市兵庫区)西宮神社(兵庫県西宮市)・西宮えびす神社


スポンサードリンク


金刀比羅宮神戸分社(兵庫県神戸市兵庫区)

金刀比羅宮神戸分社(ことひらぐうこうべぶんしゃ 福原のこんぴらさん)

兵庫の厳島神社より八宮神社さんへの道すがら、本当に偶然に見つけてしまったのでとりあえず参拝を。

兵庫県神社庁HPにある神社地図には境外末社などは載せてないのですね。

(それ以前に本庁包括になっていない神社は載せてないかもしれませんが)

 

福原・新開地地域でぽっかり空いていた神社の分布もこちらの存在で何とか説明がつきそうです。

歴史的な街だったり過去には遊郭もあったり(今も歓楽街ではあるようですが)と本来何らかの神社があってしかるべき場所ですからね。

 

さてこのお社ですが、過去を紐解くと二つの物が元になっているようです。

一つは江戸時代より当地に設置されていたこんぴらさんの遙拝所。

もう一つは摂津国池田村に鎮座していた金刀比羅神社。

遙拝所に関しては、当地で講が構えられ遥か讃岐のこんぴらさんを崇拝する流れがあったのでしょう。

お伊勢参りと共にこんぴら参りというのも全国的に江戸時代の中期以降非常に盛んであったようで、瀬戸内を隔てた向こうだとある種お伊勢さんより身近な存在だったかもしれません。

摂津国池田村の金刀比羅神社(琴平神社?)に関しては当分社の記載以上は調べ切れていません。

池田自体はありふれた地名で、摂津国には自分が認知しているだけでも豊島郡池田(現池田市)や八部郡池田(現神戸市長田区池田地域、長田神社傍)等が在り、明治21年に当分社に遷座?合祀?される前の情報がまだ手繰れていない状況です。

とにもかくにも、明治21年に当地遙拝所に”摂津国池田村の金刀比羅神社”をお遷つしし、同時に讃岐金刀比羅宮の境外末社として加えられました。

以降、讃岐の本宮より神職を迎え、当地のこんぴら信仰と共にこの新開地福原の発展を見守るお社として続いています。

尚五月例大祭には本宮より神職巫女楽人等を多数迎え盛大な祭典が行われているようです。

 

金刀比羅宮の直轄の分社はここを含めて六社あるようです。

ご祭神として武甕槌命をお祀りしているのはこの分社だけな様ですので元になっている金刀比羅神社に祀られていたのでしょうか。

 

【社格等】 なし(金刀比羅宮 分社)

【御祭神】 大物主命 武甕槌命

崇徳天皇(頂いた略歴には記載されておりませんでしたが、金刀比羅宮の分社案内には記載されておりました)

今回頂いた御朱印です。

金刀比羅宮神戸分社

【所在地】 兵庫県神戸市兵庫区福原町30-5 →地図

【公式HP(金刀比羅神社公式HP中・分社のページ)】http://www.konpira.or.jp/about/branch/branch_2010.html

記事記載神社:厳島神社(兵庫県神戸市兵庫区)八宮神社(兵庫県神戸市中央区)・六宮神社合祀


スポンサードリンク


最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。