スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


阿倍王子神社(大阪府大阪市阿倍野区)・末社安倍晴明神社

阿倍王子神社(あべおうじじんじゃ)

生野区から一転、阿倍野区に向かいます。

JR天王寺・近鉄阿部野橋駅のすぐ傍、今も府下で残っている路面電車、阪堺電車の駅の横を通り、一路南に。

そして松虫という交差点より阿倍野筋より熊野街道旧道に。

ある意味本殿よりも人気のある飛び地末社・安倍晴明神社が、そして少し南に当社が見えてきます。

 

阿倍野の地名の残るとおり、この一帯は豊崎長柄宮への遷都の際に阿倍氏が移り氏神・氏寺を擁する本格的な本拠を構えた場所らしいです。

その後、また奈良へそして京へと都が移ると共に阿倍氏の主流は平安期にはすっかりと衰微し平安初期には氏寺・氏神の社阿倍社が衰微していたようです。

今までの部分は阿部氏視点での当社の見方に成りますが、一方、当神社の縁起絵巻には当神社の創建は仁徳天皇により行われており、同じく平安初期に弘法大師空海により再興されたという事になっており、仁徳帝創建-阿倍氏の氏神-空海の再興という流れが見えてきます。(もしかすると仁徳帝の創建というのは箔を付けた部分かもしれませんが)

空海が訪れた時期には熊野詣が大流行していたようで、四天王寺と住吉の中間地である事もあり、熊野神を勧請合祀し熊野詣の王子として再興しました。

よって阿倍王子社としては空海以降という事に成ります。

現在の主祭神の中には仁徳天皇時代のものも阿倍氏の氏神としての痕跡も残ってないんですね・・・残念ながら。

 

熊野九十九王子・元天満橋傍の窪津王子から続く第四番目の王子として存在しておりましたが、大阪府下で当時と同じ場所で王子を名乗る神社としては唯一の物になっております。(熊野詣の衰退と共に多くの王子が退転して王子としての役割をなくしていたり、近代まで残っていたところも明治40年前後の勅命合祀で合祀されたりで無くなっている為にこういう状況になっているようです。)

 

ちなみに少々時間は掛かりますが、大阪駅からバス一本で神社傍まで行けるんですよね。

そういうのを知っていれば昔から通ってただろうに残念です。

 

末社の安倍晴明神社の事も書きたかったのですが、長くなりそうなので割愛します。(とりあえず御朱印だけこちらに載せた上で、その他の扱いで記事にでもしようと思ってます)

 

【社格等】 郷社 熊野九十九王子・第四王子

【御祭神】 伊邪那岐命 伊邪那美命 速素戔嗚尊 応神天皇

今回頂いた御朱印です。

阿倍王子神社 安倍晴明神社

安倍晴明神社のものは安部晴明神社社務所の書置き(阿倍王子神社でも授与頂けるようです)

【所在地】 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野元町9-4 →地図

【公式HP】http://abeouji.tonosama.jp/

追記 別記事として安倍晴明神社(大阪府大阪市阿倍野区)(阿倍王子神社末社)を用意しております。


スポンサードリンク


最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。