スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


難波神社(大阪府大阪市中央区)

難波神社(なんばじんじゃ)

大阪を代表する通りの一つ御堂筋、その通りに接する形でこのお社は鎮座しております。

さほど大きいとはいえない境内に四方鳥居を備えておりますが、社殿が南面しているので正面は南側なんでしょうか。

 

当日は御霊神社・坐摩神社・ここ難波神社を立て続けにお参りしたのですが、当日はこちらが一般参拝者が多そうな感じでしたね。

社務所の授与品が飛ぶように売れていました。

 

この神社の成立は反正天皇の御世にまで遡るようで、大阪府松原市に丹比柴籬宮の都を建てられた際に、その父帝の仁徳帝を偲ばれて同地にお祀りしたのが始まりであるとの事。

その後、朱雀帝の勅令で大江の坂・平野郷(天王寺区上本町付近?)に遷座、「難波大宮」若しくは「平野神社」と呼ばれる摂津国総社とし興隆を極め、後時代が下り豊臣秀吉の大阪城築城の際に現在地に遷座させられたそうです。

石山付近にあった生玉神社を現在の上町台地に持ってきて、追い出すようにその地の付近にあった当神社を現在の地に遷したか疑問が残りますが、この辺りは今後の課題として残しておきたいと思います。

江戸期に於いては、町人からは当社末社の稲荷神社への信仰が厚く、古地図によっては稲荷社と記載されているものもあるほどらしく、博労のお稲荷さんとして親しまれていたようです。

 

ともあれ、こういう重そうな来歴の割りにすっとお参りできるような手軽さを感じる境内であり、その事が冒頭辺りの一般参詣者の多さに通じているのかなと思った次第。

御朱印がどうこうとあまり言及したくないですが、御朱印もこちらの社紋の菖蒲をあしらった小洒落たもので、なんというか浪華らしい感じがしてきます。

 

【社格】 府社

【御祭神】 仁徳天皇 素盞嗚尊

頂いた御朱印です。

 難波神社 御朱印帳汎用

【所在地】 大阪府大阪市中央区博労町4丁目1番3号 →地図

【公式HP】 http://www.nanba-jinja.or.jp/

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。