スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


湊八幡神社(兵庫県神戸市兵庫区)

湊八幡神社(みなとはちまんじんじゃ)

七宮神社より北東に少し進むと、兵庫町に鎮座する湊八幡神社に至ります。

 

丁度、この神社の位置する場所辺りは西国街道上の兵庫の津への入り口になっており、湊口惣門が置かれ高札と番所が設置されていたようです。

ここより東に西国街道を進むと兵庫の津の宿場町(それ以前に使われていた大輪田泊の方が通りは良いでしょうか)になります。

そちら側に向かうと平安末の平家に関する寺社や史跡と織豊政権時代以降の史跡が密集する地域になっています。

 

さて、その湊口惣門跡傍に鎮座する湊八幡神社ですが、天和二年(1682)に記された旧記によるとこの社が祀られた経緯は、神功皇后の三韓征伐の帰路にまで遡るようです。

神功皇后がその帰路に摂津国岡野村に立ち寄られた際に、丁度後の応神天皇が御生まれになりそうになり、その地の霊石を探させ誕生の延期を願ったところ祈りが通じました。

その霊石を岡野村より福原(今の新開地周辺)に迎え応神天皇をお祀りする社としますが、更に現在の鎮座地に遷座致します。

その所以により当時は湊玉生八幡宮という名で呼ばれていたようです。

(応神天皇の出生のくだりで記紀と土地等が大きく異なっているので微妙なところですが、霊石によって出産を遅らせたという話自体はあるのでどこかの御由緒が流れてきたのでしょうか)

さておき、天和二年には既に当地に鎮座しており、その後戦災などの苦難もありましたが、当地の守護神として現在に至っております。

 

高田屋嘉兵衛とも縁が深い地域ですが、この神社とは特段縁があったようなお話は残っていないようです。

商売人にはやはり稲荷神への信仰の方が強かったという事でしょうか。

あと、当神社は、惣門傍という場所でもあり、街道の目印として目立った存在だったのでしょうか、「迷子のしるべ」という迷子探しの為の石柱が残っています。(神社塀外に在った物らしいです)

遊園地等にある迷子センターみたいな機能を持ったもので、そこに迷子を捜す人や迷子を見つけた人が連絡先を置いていく場所で、現存しているものはあまりない物らしいです。

 

【社格等】 村社

【御祭神】 応神天皇

今回頂いた御朱印です。

湊八幡神社

【所在地】 兵庫県神戸市兵庫区兵庫町1丁目4-37 →地図

【公式HP】http://minatohathiman.web.fc2.com/index.html

記事記載神社:七宮神社(兵庫県神戸市兵庫区)

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。