スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


七宮神社(兵庫県神戸市兵庫区)

七宮神社(しちのみやじんじゃ)

ビリケンさんと提灯の稲荷社・松尾稲荷神社より西に向かうと鎮守稲荷神社と猿田彦神社が御座います。

鎮守稲荷神社は高田屋嘉兵衛奉納の石灯籠や平経俊の供養塔がある神社ですが七宮神社の兼務社でご不在、猿田彦神社は地域の方がいらっしゃいましたが宮司の方は不在でした。

そちらから南に少し行くと七宮神社が鎮座する七宮町に至ります。

 

兵庫県神社庁のデータベースによると、この七宮町には神社が三社登録されており、七宮神社の敷地には七宮神社と兵庫大神宮の二社が鎮座し、少し離れた場所にこれまた鎮守稲荷同様に高田屋嘉兵衛と縁があるという竹尾稲荷神社が御座います。

そして、七宮神社自体も高田屋嘉兵衛と関連があるんですね。

この辺りは本当に高田屋嘉兵衛づくしですが、高田屋といえば淡路島出身で国後択捉の開拓交易とゴローニン事件等で北海道方面での印象が強いですが、拠点自体は神戸のこの地に置いていたのですね。

淡路島から出て神戸の豪商北風家の支援で商売を始めたので当たり前といえば当たり前ですが、名前と事跡等を小説などで軽くなぞる程度だったので、神戸に関わる人だという話はここにきて初めて知ったという体たらくです・・・。

 

さて、その七宮神社ですが、創建由緒が二説あります。

一つは他の生田八裔社と同様に神宮皇后の三韓征伐後の巡拝にちなむ説。

もう一つは神戸の古くからの家である白藤家(初代は孝元天皇の曾孫、六代彦連が神功皇后の三韓征伐に付き従いその功により兵庫の浦の管理を任される)の「白藤家記録」によると、延喜式記載社八部郡汝売神(敏馬神社が比定社)が七宮神社あるとし、主祭神大己貴命は七つの御名で呼ばれるという所以より七宮神社と呼ばれたとなっております。

会下山に住んでいた北風家(白藤家より改称)によりその南の塩槌山に祀られていましたが、平清盛の経ヶ島築造の際に同地に遷座、工事完工後に清盛より南無七大明神の神額を献納されたという話も残っているようです。

この辺りは、八裔社のご祭神の謎、汝売神比定社・敏馬神社の位置…八部郡と菟原郡の位置関係等、もやもやした疑問を後ろの説で説明できそうな気もしますが、汝売神とは一体何なのか等、更なる疑問で深みに嵌って行きそうなのでとりあえず棚上げにしておきます。

ともあれ、その後、江戸期になり高田屋嘉兵衛等の海運業者より航海安全祈願の社としても尊崇されるようになり、現在は当地の鎮守としてそして航海安全の神として参拝者を集めております。

 

この辺りは戦中の神戸大空襲と平成に入っての阪神淡路大震災の二度の災禍に遭っており、当神社も宝物や社殿など多くの物を失っております。

痛手を負ったまま社号碑のみ当境内内に置かれている兵庫大神宮(当神社兼務社)に比べるとまだましなのでしょうか。

あの地震からまだ10数年、優先順位があるとはいえ少し寂しい話です。

 

【社格等】 県社

【御祭神】 大己貴命

大日霊貴命 (北風家氏神)天児屋根命

今回頂いた御朱印です。

七宮神社  

【所在地】 兵庫県神戸市兵庫区七宮町2-3-21 →地図

記事記載神社:松尾稲荷神社(兵庫県神戸市兵庫区)敏馬神社(兵庫県神戸市灘区)

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。