スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


松尾稲荷神社(兵庫県神戸市兵庫区)

松尾稲荷神社(まつおいなりじんじゃ)

湊川神社より南方、JR神戸駅を越え更に国道二号線を越えた場所にこのお社・松尾稲荷神社が鎮座します。

この界隈は後にご紹介する七宮神社や湊八幡神社等、非常に神社の多い地域であり、兼務社になっている所も含めて点在しているお社を訪ね歩くのが楽しくなってきます。

加えて、この辺りのお社は大楠公や平経俊(平敦盛の兄)や高田屋嘉兵衛等、歴史好きが思わずにやりとする人物と接点があったりと見所が盛りだくさんな場所だったりします。

 

という事で、松尾稲荷神社です。

この神社の鎮座地は元々湊川の堤防であり、その堤防上にあった稲荷の祠であった様です。

それ故に創祀に関する話などは伝わっておりません。

湊川合戦の際、楠正成公が湊川の堤防上に在った松の大樹の地に一族郎党を集め、各々肌身につけていた神仏の護符を「血に穢れぬように」と外させ、松の木の根元に祀られていた稲荷の祠に納めた上で決死の思いで敵に向かった。

そしてその稲荷の祠がこの松尾稲荷神社であるという話が残っております。

楠正成公戦死の際には無名の稲荷社であったこの社は、その松にちなみ松尾稲荷として名付けられました。

楠公ゆかりの松は長い時の中で枯死し残っておりませんが、社号として今に伝わっております。

 

このお社は楠公の縁の稲荷社であると共に、もう一つ特徴がありまして、少し前までは恐らく国内唯一のビリケンさんを祀るお神社でありました。

ビリケンさんとはアメリカで作られた幸福の人形で、大阪の通天閣のシンボルでもあるのですが、大正時代に神戸元町の洋食屋の主人が神戸港に寄港した水兵の持ち物であったビリケン人形を模し同様の像を作成し紆余曲折の末この神社に奉納されたようです。

当神社の福の神「松福様」という形で本殿裏にお祭りされております。

(ちなみに、唯一で無くなってしまったのは、ご近所の鎮守稲荷神社さんの蔵の中でもビリケン像が発見され、鎮守稲荷さんの中にも祀られるようになったと・・・そういう話らしいですね)

 

そういう事で、このお社の御朱印にはビリケンさんの印も押されているんですね・・・。

 

【社格等】 不明

【御祭神】 稲荷大明神

今回頂いた御朱印です。

松尾稲荷神社  

【所在地】 兵庫県神戸市兵庫区東出町3-21-3 →地図

記事記載神社:湊川神社(兵庫県神戸市中央区)並びに楠公御墓所

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。