スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


二宮神社(兵庫県神戸市中央区)

二宮神社(にのみやじんじゃ・正勝さん)

一宮神社よりほぼ真東に戻ると、生田裔神八社の二つ目の社の二宮神社が御座います。

 

この社の鎮座する二宮町の西側を南北に通るフラワーロードと名付けられている道路は、旧生田川の川筋であったらしく、ここが郡の境として機能していました。

旧生田川を境にして西を八部郡、東を菟原郡と別けていたようで、現生田川で分断されているように見える春日野道周辺等の葺合の地との関連が強く、一時は葺合の全ての社を合祀し葺屋之荘総鎮守を冠した時期もあったようです。(葺合の更に東、敏馬神社が延喜式収載時に八部郡として扱われていた様でもあり、時代の変遷で郡の境が動いているかもしれません)

 

社の創始は一宮神社同様に神功皇后が巡拝した社という形の伝承が残っており、三韓征伐の時期には存在していたという事になると思います。

後、貞観年中(859)に生田の社の鎮座していた砂山(現在の布引周辺)が水難にあり、一時この社に御神体をお遷しになった様な伝承が残っております。(生田神社では延暦18年(799)に砂山の水害で現在地に遷座した記録が残っているようで、恐らく年代が誤って伝わったのかと思われます。)

先に触れましたが、葺合の総鎮守としての扱いを受けるほどの時期もあり、今もその信仰が途絶えることも無く続いているようです。

 

生田八裔社の二宮であり、天照大神の第一の御子神である正勝吾勝勝速日天忍穂耳尊をお祭りしている社です。

ところで、日頃あまり参拝しても長く目を留めない白龍社ですが、この社の白龍社に関しては椋の木をお祀りしていて、もしかして今までに無いような形だったのかもしれません。

大願成就・財運向上等々非常にご利益のあるお社と謳われておりますが、こちらに伺った際にたまたま目に留まるとは何かの縁があるのかもしれません。

是非ともこの椋白龍社(むくのきはくりゅうしゃ)とのご縁を大事に思い、ご利益が得られたらな等と少し欲張った参拝になりました。

【社格等】 村社

【御祭神】 正勝吾勝勝速日天忍穂耳尊 応神天皇

今回頂いた御朱印です。

二宮神社  

【所在地】 兵庫県神戸市中央区二宮町3-1-12 →地図

【公式HP】http://www.ninomiyajinja.or.jp/

記事記載神社:一宮神社(兵庫県神戸市中央区)

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。