スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


敏馬神社(兵庫県神戸市灘区)

敏馬神社(みぬめじんじゃ)

王子神社よりまっすぐ南に、この日の目的の一つでもある式内の古社である敏馬神社に向かいます。

 

この神社の鎮座する周辺は奈良時代には敏馬の浦や敏浦の泊等といわれた場所で、岬の突端にあったこの神社の両脇の入り江を含めて港として利用されていたようです。

延喜式によると、「新羅人が来朝すると、生田神社で作った酒をこの地で賜る」とあり、海外から来た人間を畿内に入れる際の禊の地として機能していたのではないかと思われるある種海上の関だったのではないでしょうか。

 

この神社の旧記は慶長年間の兵火で焼失しておりますが、幸いにして摂津風土記等にその記録が残っており「美奴売(みぬめ)とは神の名で、神功皇后が新羅出兵の際に神前松原(椋橋庄神前松原=椋橋総社(豊中市)とも尼崎市神埼とも)に神集いされた処、能勢の美奴売山の神様がこられ、その山の杉を用いて船を造り新羅に行かれるなら、幸いするところありと説かれた。その通にする事で成功をおさめ、その帰路に船が進まなかったので、占いにてその地に美奴売の神を祀り、船も献上した」という類の内容だそうですが、これが敏馬神社の縁起であるとの事です。

三韓征伐に関する神功皇后関係の神社の由緒で定まった形式ですが、殊、延喜式にも残る古社の事ですから、他の神社の由緒が混じりこんだという話ではないと思います。

さて、美奴売の神ですが、「みぬめ」は弥都波能売神の転じた名だと言われており、当初はみずはのめの神の社だったと言われておりますが、江戸期には現在の御祭神と入れ替わっていたようです。

末社に水神社として弥都波能売神が残っており、また非常に面白い事ながら、この水神社には奥宮が存在しているという構造をとっており、規模を小さくされながらも昔の形を留め、そこに現御祭神の社が本殿として乗っかっているような気がします。

当地周辺の岩屋・味泥、大石の産土神として現在も崇敬を集めております。

 

国道43号線より神社に至ると急な石段を経て本殿のある場所に至ります。

岬の突端の急峻な場所にこの神社が鎮座していたのかな等と、いろいろ想像が膨らむ場所です。(43号線などが邪魔ではありますが)

みぬまを題材に多くの歌人が歌を詠んでいる様で、今は無き景勝であった時代の事等もその辺りで浮かんでくるのではないでしょうか(歌碑がいくつか設置してありますので、参拝の際にご覧下さい。)

 

【社格等】 延喜式式内社 県社

【御祭神】 素盞嗚尊 天照皇大神 熊野座大神

今回頂いた御朱印です。

敏馬神社  

【所在地】 兵庫県神戸市灘区岩屋中町4-1-8 →地図

記事記載神社:王子神社(兵庫県神戸市灘区)椋橋総社(大阪府豊中市)

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。