スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


六甲八幡神社(兵庫県神戸市灘区)

六甲八幡神社(ろっこうやはたじんじゃ)

高羽の丹生神社より阪急の線路沿いに西に向かうと、阪急六甲駅の南側に大きな社の森が見えてきます。

六甲駅側からは裏参道での参拝になるのですが、境内は南北に長い為に表参道の入り口まで約250m程は歩いていかなければなりませんので、往復500mというところでしょうか。

 

駅名に六甲の名を付けられている様に、こちらから山の方に登って行くと六甲登山口があり、更に登って行くと六甲ケーブルがあるなど、六甲山の表玄関に当たります。

また、今では唯一になってしまった兵庫県内唯一の国立大学である神戸大学があり、ある種神戸の地を代表するような場所の一つかもしれません。

 

この六甲八幡神社ですが、創祀の由来は大きく三説が伝わっており、万寿三年(1028年)に当地の永原武信とその縁者が八幡神をお祀りした説、平清盛が福原遷都を行った際に男山八幡宮(岩清水八幡宮)を勧請した説、花園天皇の勅命で正和年間(1312-1316)に宇佐八幡を勧請したという説。

といっても、三説共に相互矛盾がない気がしておりまして、1028年の創祀後に時代に応じて各々勧請したと考えても良い様な気がします。(八幡神の社に別々に勧請するのはやや違和感はありますが、時の権力者の信奉する社に左右されるという事もあったのかなと)

1333年には南北朝の争いの中で摩耶の合戦が行われていますが、この際に「八幡林」の名で太平記に記載されているが特筆すべき事でしょうか。

のち当地を領有した石河氏によって、春日大社の旧社殿を移築される等、時の権力者からの庇護を受けていたようです。

現在は六甲の鎮守として、また厄除けの神様として一帯からの崇敬を受けております。

 

この地域には、兵庫県護国神社や式内社河内国魂神社等がありますが、境内地としてはこの六甲八幡神社が一番大きいように感じます。

社殿の正面近くまで駐車場があるのはやや興が殺がれますが、境内一円を覆う緑の豊かさに心が癒されます。

なるほど、徳井神社の宮司さんに(徳井神社の西側の)界隈で一番大きなお社と言わしめる社であります。

 

【社格等】 県社

【御祭神】 八幡大神 天照大神 春日大神

今回頂いた御朱印です。

六甲八幡神社  

【所在地】 兵庫県神戸市灘区八幡町3-6-5 →地図

記事記載神社:高羽丹生神社(兵庫県神戸市灘区)徳井神社(兵庫県神戸市灘区)

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。