スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


高羽丹生神社(兵庫県神戸市灘区)

高羽丹生神社(たかはにぶじんじゃ)

徳井神社の参拝の際に、「西の方向に向かうに辺り立ち寄らせて頂いた方が良い大きなお社があれば教えていただければ」と伺ったところ、六甲八幡神社などは如何でしょうかとご紹介されました。

それではと六甲八幡神社の道すがら参拝させて頂けそうなこの高羽丹生神社への道を教えて頂き、北に少し登って行った次第であります。

 

この神社の鎮座する高羽町の近在も覚美郷の範囲で、鏡作部に関連のある地であるようで、綱敷天満神社の旧鎮座地であったといわれる東灘区御影山手とこの高羽との間に位置する桜が丘町より、弥生時代の銅鐸等がかなりの数出土して、国宝として指定されております。(ちなみに桜が丘町は旧高羽村に属しており、高羽の一本松といわれる老松があるようです)

 

この神社の創祀は石屋川を遡り滝の奥の辺りにあった山中の「ユブネ」「カナホリ山」に祀られていた事より始まっているとされております。

ご祭神の罔象売神は乞雨の霊験のある丹生川上神社・貴船神社等にも祀られている古事記・日本書紀でも登場する水神ですが、丹生→丹=硫化水銀(辰砂)+生ずると鍛冶・鉱物とも由縁のある一族の神様であるようです。(故にカナホリ山という名の場所に祀られたのでしょう)

現在地への遷座もしくは分祀の記録も定かではありませんが、当地は古墳もしくは奥津城(おくつき・神道での墓)であったと伝えられ、古くより祭祀が行われていた場所であろうとされております。

高羽村の中心的な社として明治の合祀の際には周辺の社を合祀し、今も村のお社として崇敬を集めております。

 

徳井神社から向かうと堀の様に高羽川がお社を取り巻いており、少し行き難い場所であります。(実際徳井神社の宮司の方に教えて頂いていなければ迷ったかもしれません)

阪急電車の車窓から見える場所ではあるので、六甲駅からのんびりと歩いて参拝するのもいいかもしれません。

さほど大きな社ではありませんが、高羽川のお陰かなるほど水の神様の鎮座される場所だと思わされます。

今回記事を書くに当たって、丹生=金属関係の氏族の関連地という知識を得たのは非常に大きな収穫でした。

 

【社格等】 村社

【御祭神】 罔象売神 八幡大神 須佐男命

今回頂いた御朱印です。

高羽丹生神社

【所在地】 兵庫県神戸市灘区高羽町4-2 →地図

記事記載神社:徳井神社(兵庫県神戸市灘区)綱敷天満神社(兵庫県神戸市東灘区)

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。