スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


保久良神社・鷺森八幡神社(保久良神社御旅所)(兵庫県神戸市東灘区)

保久良神社(ほくらじんじゃ)・鷺森八幡神社(さぎのもりはちまんじんじゃ)

森の稲荷神社より更に西に歩みを進めてまいります。

この行程、アップダウンの多い丘陵地に恐らく村で管理されている様な比較的小さな八幡神社がいくつかあり、鷺森八幡さんもその一つかな等と考えて向かったわけですが、案内板には鷺宮八幡神社の表記と共に「保久良神社御旅所」なる表記。

社務所があったので鷺宮八幡神社さんの御朱印を頂けると思い戸を叩かせて頂きました。

何もお伝えせずに御朱印をお願いした所、保久良神社の御朱印を拝受してしまったわけで、急ぎ保久良神社に参拝させていただく事に致しました。

保久良神社は御旅所の山手にありますので、そちらから約20分…(上り坂に慣れていないともう少し掛かるかもしれませんが)ひたすら登って行く事になります。

 

とまあ、南長柄八幡宮に次いで、御朱印拝受と参拝が逆順になってしまいました。(参拝前に頂くってのはあまり良く無い行動と個人的には思うのですが)

 

さて、保久良神社の創祀の時期ですが、年代などは伝わっておりません。

神社境内の内外に磐座、磐境があり、その周辺から弥生式の土器や石器類・銅戈等が発見されており、更にそれらが祭祀用の非実用の形状を持っていた事もあり、弥生時代の中期辺りからこの地が古代祭祀の場所だった事が判っているようです。

また、ご祭神の一柱である椎根津彦命は神武東征の先導役となりその功により倭宿禰を賜った方ですが、後にこの地より下った海辺の青木から上陸した伝承等が残っている事とその後裔が古来よりこの社の社頭で篝火を燃やし船の航海を導く目印とした(現代感覚だと灯台というところでしょうか)等の話より考えると、その創祀は神話と歴史の渾然とした時代からの話になってしまうようです。

(尚、中世以降も(やり方においては油を使った灯火になりますが、)尚続き、その役割は江戸時代に至っても続いていたようです)

延喜式にも収載され、本庄九ヶ村の地の重要なお社として今尚参拝者の絶えない状況が続いております。

 

尚、鷺森八幡宮については創立年不詳のお社ですが、江戸時代には存在していたようです。

産の宮の異称を持ち安産夜泣きにご利益がある社として崇敬を集め、明治に保久良神社の御旅所になっております。

 

保久良神社周辺はハイキングコースとしても利用されており、登り勾配がかなり続いております。

社頭の灘の一つ火の灯篭(中世の灯台)の付近から眺める景色は絶景で、天候がよければ遥か関西空港等が見えるようです。

また、神鳴り岩等の巨石、隣地の梅林、そしてそこから六甲から有馬に抜けるコースもあるようで、ハイキングがてら一日掛けてその辺りを回っても面白いのかなとも思います。

 

【社格】 延喜式式内社保久良神社比定社 村社

【御祭神】須佐之男命

大歳御祖命 大国主命 椎根津彦命

今回頂いた御朱印です。

保久良神社  

【所在地】(保久良神社)】兵庫県神戸市東灘区本山町北畑680番地 →地図

(鷺森八幡神社)兵庫県神戸市東灘区本山北町6-2-28 →地図

記事記載神社:稲荷神社(兵庫県神戸市東灘区)南長柄八幡宮(大阪府大阪市北区)

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。