スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


須佐之男神社(兵庫県西宮市)

須佐之男神社(すさのおじんじゃ・森具の宮)

西宮の大社の廣田神社を参拝し、再び西を目指して足を向けていきます。

(と言っても、交通手段の都合上、阪神間の三本の路線のどれかに近いところを選ぶような形になってしまいますが。)

自然と南西に足を向け、西宮えびす神社の西付近に当たる芦屋市との境にある郷免町に鎮座する須佐之男神社を参拝する形になりました。

 

さて、この郷免町、芦屋郷の免田があった由縁で郷免という字名から取られたそうですが、昔は御茶屋所町、松下町、屋敷町、弓場町とこの郷免町一帯を森具村と読んでいたようです。(凡そ東は夙川、西は芦屋市との市境、北はJR、南は阪神電鉄で囲まれた場所に成るのでしょうか)

この「森具」という地名も少し時代を遡ると「守具」という字が当てられており、これが夙川の河川名の元になっているらしいです。

「守具」も「宿」が転訛したものらしく、大本を辿って行くと、どうやら古代の西国街道の旧宿駅須岐駅まで行き着く(須岐駅は中世に西宮えびすの門前町から発展した西宮宿に役割を譲って廃れてしまったようですが)というのですから、かなり古くからの地域だったようです。(野見宿禰に縁のある集落で宿禰の宿よりとったという異説などもあります)

 

さて、こういう風な背景を持っているこの神社ですが、創建年代はあまりよく判っておりません。

異説の方の野見宿禰に縁のある方達がその祖神である須佐之男命をお祀りしたという伝承も伝わっているようですが、年代の方は不詳です。

慶長年間には牛頭天王社としてすでに鎮座しておりまして、明治になり須佐之男神社と改名し現在に至っております。

 

桜で有名な夙川を境にして西側一帯をこの社、東側を西宮えびすとで分け合う形で氏地とする当社ですが、全国から参拝者の集う西宮えびすと対照的に氏子を除くと外部からの参拝者はさほど居ない神社であるらしいです。

立地(夙川駅等からも近く、ほぼ国道二号線沿いなんですね)の割に惜しい事ですが、そのお陰か村の鎮守としての雰囲気をしっかり守っています。

そういう素朴な神社ゆえに、外部への発信など現段階であまり行っておらず、略歴なども今作成途中な様です。

来年辺りまでに出来上がる予定と伺っておりますので、夙川の桜が咲き乱れている頃にまたお伺いできればと思っております。

 

【社格】 村社

【御祭神】須佐之男命

天照皇大神 建御名方神

今回頂いた御朱印です。

須佐之男神社(西宮森具)  

【所在地】兵庫県西宮市郷免町2-1 →地図

記事記載神社:廣田神社(兵庫県西宮市),西宮神社(兵庫県西宮市)・西宮えびす神社

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。