スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


伊居太神社(大阪府池田市)

伊居太神社(いけだじんじゃ・穴織宮)

二度目の参拝では五社神社より能勢街道を北西に向かう事で向かいましたが、呉服神社より駅前の商店街を北に突き抜けていく方が判りやすいかもしれません。

池田市のシンボル的な存在の五月山の南西端にこの神社が位置します。

地名の綾羽はこの神社の主祭神でもあるアヤハトリから、この伊居太神社やアヤハトリ、クレハトリが来着した伝承の残る唐船渕(とうせんがふち:当神社からすぐの猪名川岸)等が在所する場所です。

 

このお社、呉服神社と上の宮、下の宮の一対の関係で、ご祭神が上の宮に当たる当神社が穴織姫(綾織媛:アヤハトリ)である事以外御由緒はほぼ同じになっております。

即ち、仁徳天皇76年に穴織媛が亡くなり、翌年勅命により穴織媛を祀られたというものです。

御由緒ではこの際に秦上社穴織宮伊居太神社として創建され後延喜式に収載されたとなっております。

一方、延喜式収載の伊居太神社については摂津国河辺郡に鎮座し、当地豊島郡に鎮座する伊居太神社がその延喜式内社であるという話には議論の余地があるようです。

穴織媛の上の宮と呉服媛の下の宮の片側だけが収載されるというのも少し奇妙な感じも受けますので、元々は穴織宮と成立し、何らかの理由で河辺郡伊居太神社を名乗るようになったのかもしれません。

 

ともあれ、隣地が五月山公園ということもあり緑が多く残っており、境内地内は非常に落ち着いた感じを与えるお社で、何度も足を運びたくなる気持ちになります。

特に紅葉のシーズンが特に良い景色と伺ってますので機会を見て再拝したいと思っております。

 

また、境内には延喜式式内社爲那都比古神社の論社に成っている猪名津彦神社が末社として鎮座しております。

機織の四姫を本邦に連れ帰った阿知使主と都加使主が御祀りされております。

 

【社格】 延喜式式内社・伊居太神社論社 郷社

【御祭神】穴織姫 応神天皇 仁徳天皇

今回頂いた御朱印です。

伊居太神社  

【所在地】 大阪府池田市綾羽2-4-5 →地図

記事中記載神社 :五社神社(大阪府池田市)呉服神社(大阪府池田市)

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。