スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


大阪・千里中央のお社ではこんな事が起こってます。

大阪府豊中市の北東。

千里中央駅よりほど近くにある江戸初期より拓かれた上新田集落。

その成り立ちと共にムラを見守ってきた上新田天神社(通称千里天神)がマンション建設による景観問題に揺れております。

 

05

(在りし日の天神社と上新田集落・空撮写真:緑の建物の上に樹木に埋もれる様な形で見えている部分がお社です)

神社の所有地は凡そこの緑地の左下四分の一で、残りの3/4が村の共有地と個人所有の土地だったのですが、全体で社を護る杜として機能している場所だと聞いております。

 

03

特に社の裏側には竹が生い茂り、千里中央駅から上新田集落への抜け道ともいえるこの様な立派な小道がその竹林の中を通っていたようです。

この風景は豊中市でも希少なものとして豊中百景の一つとして認定され、この上新田地区だけでなく、千里中央はもとより豊中市民共有の精神的な財産でありました。

 

しかしながら、この豊かな緑の山林は上新田天神社社有地を残しほぼ失われました。

都市再開発という名の元に宅地として整備される事になり、森を伐採し、杜の痕跡はもう跡形も残っておりません。

 

土地の所有権は地権者のものであり、森を宅地にした事自体は悲しむべき事ですが、既に失われてしまった事もあり、鎮守の杜を守る会や神社の方も致し方無いという考えを持っております。(この杜を無くした事にもご不満をお持ちの方も会の内外で多数いらっしゃるようではありますが)

 

但し、私も含めたこの神社の崇敬者、氏子地域の方でも譲れないラインというものがあります。

 

今、この跡地に計画されているのが神社のお社を遥かに見下ろす12階建ての高層マンションなのです。

千里山天神社2

(シミュレート図:神戸大の建築関係の研究者の方の協力で作成)

 

たちはこの参拝者を威圧するようなマンションの建設計画を認めるわけには参りません。

 

現在、この社殿の真裏に相当する用地を取得した近畿日本鉄道、関西電力、伊藤忠商事の各子会社、近鉄不動産、MID都市開発、伊藤忠都市開発の三社によって、行政手続きを済ませ建設に着手しようとしております。

 

関西で創業し、全国有数の一流企業にまで成ったこの三社。

その子会社が関西の文化破壊・景観破壊に金の為に積極的に携わろうとする。

非常に悲しい話です。

 

見過ごしては成らない、誰かが声を上げないといけないという思いで、半ば自然発生的に崇敬者の中からマンション計画への反対運動が起こっております。

 

景観問題、自然破壊、神社文化を侵すものと計画に反対し集まっている理由は様々ですが、小規模な会として結成し徐々に賛同者も増えてきております。

会の街頭署名活動に直接参加して下さる方、問題を知って署名をして頂いている8000名を超える方々、そして会への間接支援という形で署名用紙を置かせて頂いている神社さん等、小さな集まりから始まった運動ですが、少しずつ少しずつ広がりを見せてきております。

 

当地域の方以外にはコップの中の戦争程度に見えるかもしれませんが、この地域で起こっている事は全国のどこででも起こりうる話です。

この件を身近な問題として想像して頂けないでしょうか。

そしてその上でご助力頂ければ幸いです。

 

参考リンク:上新田の鎮守の杜を守る会・公式HP

 

※元々表に出していた記事では「近鉄さんにがっかりです」等の表現を多用し、近鉄さんだけに対する不満を述べておりましたので表に出す記事を差し替えます。

近鉄さんにはがっかりですという思いは今でも持ってるのですがね。

 

2012/9/17 御朱印収集記


関連記事


スポンサードリンク


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【大阪・千里中央のお社】

大阪府豊中市の北東。 千里中央駅よりほど近くにある江戸初期より拓かれた上新田集落。 その成り立ちと

コメントの投稿

非公開コメント

上新田に永住する者より

現代社会、自然と商業施設やマンションと共存することは仕方ないことだと思います。
人気の駅の側の自然を維持していくことはお金もかかり余程の資産のある人にしか無理なので市からお金の援助も無いのなら仕方ないのではと…神様もそこまで心の狭い方だとは私は思いません。むしろ新しい住人が増えて活気づくことをお喜びになられてると思います。
反対反対と旗をかかげることが上新田のイメージを悪くして、マンションの価値が下がり言い方は悪いですが質の悪い人間が住まうことを私は恐れています。
もちろん、高層すぎるマンションを建てられると日照の問題も出てくるだろうし上新田神社を守られて来た神主さんのお気持ちを考えても高層マンションは私も反対ですが、歪み合うより前向きに話し合うことを求めます。

上新田に戸建を購入した者より。

話し合いの門戸は常に開かれています

前向きな話し合い、非常に結構な事だと思います。
ちなみに鎮守の杜を守る会自体は常に話し合いの門戸を開いていますよ。

むしろ個人的な見解では、会との話し合いでなくとも神社さんと業者さんがきちんと話し合いをして、神社・業者・氏子崇敬者全てにとって納得の行く結論を出して行けばいいんじゃないかとも思います。
会の参加者も同様の考えを持っている方が多数だと思いますので、会自身も同様の見解だと思って頂いても良いのじゃないでしょうか。

ただ、現時点で業者サイドが神社や会と話し合いのテーブルにつく気配すら見せないのですね。
(業者サイドの意向を汲んだ自治会を通じて、活動に対するクレームやらプレッシャーを与えては来るのですが)
業者さん側にしたら、話し合いを持つ事で何らかの譲歩をさせられるなら、黙殺して売り逃げする事を考えてるのかなと。
まあそんな状況です。

現段階では話し合い以前の問題なんですね。


上新田にお住まいの方ならよくご存知かと思いますが、このお社は千里一円を中心として多くの参詣者を迎える神社です。
元旦の深夜だけでも数千人、とんど祭りで約一万人の参詣者がいらっしゃいました。
(当日チラシ配布をしましたが、その配布状況からの推計です)
その方たちや、そしてその方たちから地域を引き継ぐ世代、子や孫、ひ孫の人達の為にも、建設業者が済崩しに建てて売り逃げするような状況を許さずしっかりと話し合う、そういう場が作れればと思っています。

今の状況では、建設業者と上新田の自治会だけ、しかもその更に一部だけで決めた話で全てが押し通される事になってしまいますので。


神様の意思を忖度する様な話はさておき、一住民の方の貴重なご意見を頂き有難う御座いました。

最期にあの宮司さんの名誉に関する部分なので付け加えておくと、杜の維持にかんしては、計画が持ち上がった段階で米国の慈善団体の協力を取り付けて土地の買取を前提とした行動を取っていらっしゃったようです。
宮司さんが仰るには、資金的な算段を立てる段階で業者側が売る意思がないと拒絶したようなので不調に終わったようですが。
なので、守るのが無理って事でもなかったかと思います。
人気駅・駅近の手着かずの場所であったという事で、ある種開発業者の開発欲を満たす場所だったという事でしょうか。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。