スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


呉服神社(大阪府池田市)

呉服神社(くれはじんじゃ・下の宮)

早苗の森八坂神社より北に進むとこの神社が鎮座する室町に至ります。

 

この室町という地名は明治後半にこの地が住宅地として開発された際につけられた名前らしく、過去には今の阪急電車の線路を挟んだ北側に穴織(綾織:アヤハトリ)、呉織(呉服:クレハトリ)の両織姫を葬ったという姫室・梅室の一対の塚が存在し、それにちなんでつけられたようです。

 

穴織、呉織は応神帝・仁徳帝の御世に本邦の織物縫製技術の遅れに対処する為に呉国より乞い招き入れた四人の工女の二人で、武庫浦を経て猪名の海に至り池田の唐船淵(とうせんがふち:伊居太神社西にある猪名川岸が伝承地)より上陸し、この地で織物裁縫の製造と指導に当たったという伝承が残っております。

(ちなみに姫室・梅室以外にもこの二姫に由来する伝承地がこの池田市内に複数残ってます。)

 

当神社は仁徳天皇76年に呉服媛が亡くなり、その翌年勅命により建てられます。

(穴織媛が祀られている伊居太神社(上の宮・秦上社:呉服神社(秦下社)と対の社)の略歴では仁徳帝76年には穴織媛が、翌77年に呉服媛が亡くなったと残っております。)

荒木村重の謀反の際に焼失し、豊臣秀頼により伊居太神社と共に再建され今日に至ります。

 

早苗の森八坂神社の宮司様のお話によると、宅地開発をされる前の室町一帯のかなりの部分が呉服神社の境内地だったそうです。

当地の発展のために阪急電鉄の開発案に応じ社地の多くを売却した様で、往時の姿からは想像できない位小さなものになっているとか。

(早苗の森八坂神社も同時期に同じ理由でかなりの境内地を宅地に割いているようですが)

残念な話ではありますが、まだ調和が取れている開発でよかったとも思います。

 

この上下の社双方とも織物関係の守護神であるという事で端くれの端くれに居る縁もあり二社のお守りを授与して頂きました。

何かご利益があれば良いのですが。

 

【社格】 不明

【御祭神】呉服大神 仁徳天皇

今回頂いた御朱印です。

呉服神社 呉服神社恵美寿社

(末社恵美須神社は阪急沿線七福神の一つとして御朱印の授与を行っております。)

【所在地】 大阪府池田市室町7-4 →地図

記事中記載神社 :八坂神社(大阪府池田市)・早苗の森八坂神社

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。