スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


八坂神社(大阪府池田市)・早苗の森八坂神社

八坂神社(やさかじんじゃ・早苗の森八坂神社)

亀之森住吉神社より北西に。

途中当神社に合祀され戦後独立復帰を遂げた駒の森十二神社(八坂神社兼務社)を経て更に高速沿いに道なりに進むと当神社の鎮座する神田の地に至ります。

 

この地は神田の字の通り、神社由来の神前に供える穀物の為の田という説もありますが、面白い説でこの地の田に隕石が落ちそこに素盞嗚尊が降臨した「神が降りし田」という話もあるようで、もしその伝承が元になっているとすれば素盞嗚尊と縁のある鉄(隕鉄)だったのかもしれません。

神社の別名である神田の宮や神社とその周辺が早苗の森と呼ばれていた事など、農耕を連想するのんびりとした土地で、阪急池田駅からさほど遠くない住宅開発も進められている土地ながら、田畑や若干の緑が残っている場所になっております。

 

社の創建は天元元年(978)。

こちらの社も数々の社同様に荒木村重謀反の際に兵難に遭い社殿、文物などを焼失。

慶長15年、池田ゆかりの武将池田光重により再建され現在に至っております。

(このとき再建された本殿は現在では国指定の重要文化財になっており、欄間の透かし彫りは非常に見事らしいです。)

 

豊中熊野田八坂神社の宮司さんより、西成区の生根神社と熊野田八坂神社と共に祭りの台額(だいがく)が保存されている神社が池田市にあるというお話を伺っておりました。

当地特殊神事に神輿渡御と神額灯の宮入の風習が残っているとの事ですが、恐らく仰っていたのはこちらの事ではないでしょうか。

10月22日に行われるのですが、折り合いがつけば伺ってみたいと思っております。

(この神社の宮司様は神社の四季を写真に収めておられてまして、いくつか拝見させて頂きました。

正直ワンシーズンに一度は顔を出したいなどと思ってしまうほど良い感じなんですよね)

 

【社格】 村社

(昭和10年-12年調査の「神社を中心とする村落生活調査報告」では素盞嗚尊神社となっております。当時は社号が曖昧だったのかもしれません)

【御祭神】素盞嗚尊

今回頂いた御朱印です。

八坂神社(池田早苗の森)

【所在地】 大阪府池田市神田4-7-1 →地図

記事中記載神社 :住吉神社(大阪府池田市)・亀の森住吉神社八坂神社(大阪府豊中市)・熊野田八坂神社生根神社(大阪府大阪市西成区)・上の天神

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。