スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


鴉宮(大阪府大阪市此花区)

鴉宮(からすのみや)

四貫島住吉神社より北に商店街を進んで行くと行き着く千鳥橋の向こうにこのお社が見えてきます。

 

この神社が鎮座する伝法の地は、古くは傳母(でんぽう)といい、仏教伝来の伝承の残る土地となっております。

この辺りは難波津内海への入り口に当たり、その海上に浮かぶ伝法島に着岸したりと利用されており、百済より阿直岐博士、王仁が遣わされ仏教・経典や論語等を本邦に初めてもたらした際にもこの島に一度着岸したという話です。

その着岸地は傳母頭(もりす)といわれ現在社地に相当する場所であります。

 

神社の創建はそれよりも時代が下り、鎌倉時代建保3年(1215年)伝法町を開拓する際に当地を含む難波津湾岸地域の総鎮守としてその傳母頭の地に天照皇大神、住吉大神、恵比須大神をそれぞれ勧請し傳母頭(もりす)神社として始まります。

唐入り(文禄の役)の渡航の祈願を太閤秀吉直々に訪れれおこなった際に、当社の神主が当神社より霊鳥八咫烏が現れ航海の守護をする霊夢を見、実際にそのお告げ通りに八咫烏が現れ無事航海を遂げられました。

太閤秀吉が感激し、この社の社号を鴉宮と改め称え、各種の保護を行う事となります。

大坂の陣以降、豊臣家の保護を失いますが、徳川政権下でも権益の形が変わりこそすれその保護は続き、沿岸地域の総鎮守として栄え、今は伝法町の鎮守として今に至っております。

 

まずこの社、目に付くのは拝殿で、八咫烏が水先案内したという伝承に基づいて船の先が突き出た面白い形をしております。

また、八咫烏を祀る神社ということもあり、日本サッカー協会のシンボルマークの縁か、JFA公認のサッカー守りなるお守りも授与してたりします。

(宮司さんの薦めのまま買ってしまいました…五輪前でしたので)

 

【社格】 村社

【御祭神】天照皇大神 住吉大神 神使霊鳥・八咫烏 恵比須大神

市杵島比売大神

今回頂いた御朱印です。

鴉宮  

【所在地】 大阪府此花区伝法2-10-18 →地図

記事中記載神社 :住吉神社(大阪府大阪市此花区)・四貫島住吉神社

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。