スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


港住吉神社(大阪府大阪市港区)・住吉大社境外末社

港住吉神社(みなとすみよしじんじゃ)

港区の西端、築港の地に鎮座する社に成ります。

港区三先の天満宮より、間に当日ご不在の福崎住吉神社を経由し西に、大阪の人間ならまず知らない人が居ないであろう海遊館・天保山等がある築港の入り口付近に今は鎮座しております。

 

さて、その天保山は幕府によって天保二年に大型船舶の通行の為に安治川を浚渫した際の残土で作られた人口の山ですが、大阪湾から安治川への目印の山として使われたようです。

(そういう背景があるので人口の山なのに地図に記載されてるんでしょうか)

また桜の植樹や茶屋など設置し行楽地として利用もされ、葛飾北斎や安藤広重の浮世絵の題材にもなってたりもします。

 

その天保山に航海のと港の安全を祈念して神社が創建されるのも自然な流れだと思います。

そこで、天保十三年に幕命を受けた当時の大坂城代・酒井雅樂頭(表記は港住吉神社通りにしておりますが、当時の大坂城代は青山忠良ですのでこの辺り誤りがありそうです)が住吉大社より分霊を戴き大社の管理末社とします。

(後、明治の御世に独立社となり村社の社格を与えられますが、すぐに住吉大社末社に復帰しております。)

境内地に関しても築港の整備を進めるたびにその工事の最前線の地に遷座をされ築港の繁栄を祈念し続けていたそうです。

現在地には大正六年の運河開削の際に鎮座、築港島内の遷座を終え島全域の鎮護の社としてその姿を変え今に到っております。

 

一社を構えるのに十分な境内地があり、町も発展をしているのにあえて村社より住吉大社の末社として復帰する。

住吉大社とこの地の氏子との並々ならぬ関係を伺え、そういう形の繋がりもあるのだと感心致します。

 

この神社、住吉大社の末社という事もあるのか、大社同様に参拝時間を17:00までとされており、以降の時間参拝を出来ないようにされております。

ご参拝の際には時間の方ご注意下さい。

 

【社格】 住吉大社末社 村社

【御祭神】 住吉大神 神功皇后

今回頂いた御朱印です。

港住吉神社

【所在地】 大阪府大阪市港区築港一丁目5-20→地図

【公式HP】http://www.sumiyoshitaisha.net/calender/no07.html#no02

 

記事中記載神社 :天満宮(大阪府大阪市港区)住吉大社(大阪府大阪市住吉区)

※こちらは大阪府神社庁の港区の部分には記載の無い神社です。

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。