スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


茨住吉神社(大阪府大阪市西区)

茨住吉神社(いばらすみよしじんじゃ)

土佐稲荷神社より西に千代崎橋を渡ると茨住吉神社のある九条島に到ります。

更に道なりに進むと九条駅の商店街の東端から少し北に妙に近代的な神社があり、そちらがこの神社になります。

 

陸化した河口堆積地のこの九条島は古代において難波八十島の一つであった様なのですが、実際にはこちらが開拓されたのは寛永年間からで、干拓工事と新田開発が進められたようなので元々は人が居住できるような場所ではなかったかもしれません。

ともあれ、明治に入る頃にはこちらの開発も一段落しており、明治元年には島の北東部川口の辺りに外人居留地が設定され、また九条駅周辺には元々西区新町に在った江戸初期からの幕府公認遊郭の新町廓の移転がなされています。

この遊廓は昭和に入ってからの売春防止法により表向きの営業は禁止されましたが、今も特殊飲食店として開業しており、小規模の店舗が今でもたくさん残っていたりします。

(大阪ではいわゆるソープランドは条例で禁止されておりますが、飛田新地やこの松島新地等で特殊な飲食店という形式で遊廓や赤線地帯といわれていた歓楽施設が残っております)

当然こういう形態の歓楽地は売春防止法以前はおおっぴらに営業されており、九条の土地並びにこの神社は特に大正から昭和初期にかけて大いに賑わったそうです。

 

この神社自体は九条新田の鎮守として新田の完成と共に創建、現在の兵庫県神戸市鎮座の元住吉神社(本住吉神社若しくは菟原住吉神社とも)より住吉大神を勧請、菟原(うばら)の名前が訛り茨(いばら)となったようです。

 

鉄筋コンクリート二階建てで社殿は二階部分・一階が社務所という少し風情に欠ける神社ではありますが、二次大戦で社殿が完全焼失しており、その事もあり神職・氏子崇敬者の神社復興への思いがこの堅固な社殿に結びついたのかと思うとまたそういうのもありなのかなと思えてきます。

 

【社格】 郷社

【御祭神】 底筒男命 中筒男命 表筒男命 息長足媛命

今回頂いた御朱印です。

茨住吉神社  

【所在地】 大阪府大阪市西区九条1-1-17→地図

 

記事中記載神社記事 :土佐稲荷神社(大阪府大阪市西区)

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。