スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


天満天神と農業

天神様天神様と昔は気楽に言えてたのですが、最近は天神様という言葉をあまり使わなくなってきました。

天神様というと一般的には菅原道真公を指す方が多いのでしょうが、天津神を称して天神というケースが多々あって、神社の方と話すときに話がスムーズに進むように、菅公や菅公の神号”天満大自在天神”の略の天満天神を使用したりしています。

大阪の北側・旧摂津国界隈は実際に菅公の大宰府下向ルートに当たっている事もあり、各地にこの天満天神がお祀りされてますのでたまに話題として挙がったりしますので頻出ワードの一つだったりします。

 

この菅公をお祀りする社、摂末社も含めると無数にあるといっても過言ではないですが、由緒には菅公の足跡地のように書かれているのに実際ルート的に懐疑的に成らざるを得ないもの、後から勧請されたと明記されているものが多いのですね。

天神聖跡二十五拝に挙げられているものはまあ間違いのない由緒地で、後は京都-長岡京-茨木(西国街道)-摂津市(枝切街道)、摂津市から淀川水上移動の為にその両岸-瀬戸内海-九州のルートで、途中寄り道した道明寺関連以外はどうもこじつけっぽく感じてしまいます。

 

では何故ルート外の所等に菅公が祀られてるかという話ですが、この菅公もまた流行神として爆発的に信仰が広まった神様なんですね。

ご利益は今の様な学問神としてではなく、農業神。

菅公が神として祀られる契機になったのは清涼殿への落雷であり、また同時期に地震津波等災害が後を絶たなかった為、菅原道真公は雷神の荒御魂だという考えが広まり雷=雨をもたらす農業神として農民の間に爆発的に広まったらしいのです。

 

朝廷が恐れ朝臣でありながらも天津神に列する天満大自在天神の神号を授けられた非常に強い力を持つ雷神(農業神)、その御魂を鎮める事により大きな実りをもたらすだろうという即物的な信仰というわけです。

 

なるほど、新田開拓地や末社として各地で勧請されるわけです。

 

本日はこのあたりで。

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。