スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


野見神社(大阪府高槻市)

野見神社(のみじんじゃ)

三島の鴨神社以降、東側に目を向けていなかったので、鴨神社最寄の摂津富田駅よりのんびりと…。

祈祷中でお忙しそうな三輪神社を後日回しにして東に向かったのですが、悉く不在で結局当日最期の予定でもあった高槻城址傍の野見神社でやっと御朱印が頂ける事となりました。

この高槻は織豊政権期には和田惟政、後にその家臣高山友照・重友(右近)父子が領有した場所で、今は史跡公園として整備されている高槻城を本拠地としておりました。

三名ともキリスト教に帰依した武将であり、当時の宣教師の文献にも名を残しておりますが、特に高山父子の信仰は度を越しておりまして、キリスト教の保護と共に近隣の社寺の破壊や迫害を行っており、この高槻周辺の社寺は少なからず被害を受けていたようです。

そしてこの野見神社は最もそういう弾圧を受けた神社のひとつであります。

 

創建は宇多帝の御世(9世紀末)にまで遡りまして、当地で疫病が蔓延した際に神託の元で牛頭天王をお祀りした事より始まり、後この地に高槻城が建てられることで城の鎮護社として一時の興隆を迎えます。

歴代城主をはじめその家臣からの尊崇も集め社領の寄進も行われて次第に盛んになっていきます。

ところが、高山父子の迫害により社領没収の上に社殿の破壊を行われ一気に衰微。

徳川期の三代目の城主松平家忠の時代(元和5年・1619年)になって、牛頭天王社を新造、寄進を受け高槻城の鎮護社としての地位に復し、更に慶安二年(1649年)に時の藩主永井直清により社殿の修築と寄進が行われ興隆を迎えます。

以降永井家との良好な関係を保ったまま幕末を迎えた事は、永井家の祖霊社として永井直清を祭る末社永井神社の佇まいからも感じられます。

 

明治の神仏習合禁止令により牛頭天王を須佐之男命に改め、また当地周辺が野見氏(土師氏)の由緒地であることもあり合祀し、社号を野見神社とし現在に到っております。

 

延喜式では摂津国嶋上郡には野身神社という神社が収載されており、こちらも論社ですが、この来歴を見る限りはどうも上宮天満宮の末社野身神社の方に分がありそうです。

 

御朱印についてですが、頂いた直後の扱いか保管のミスかと思いますが、スタンプの墨書き部分と朱印部分よりスタンプの溶剤が滲んだ様な状況になってしまいました。

スタンプの物を頂く際には開いたまましっかりと乾燥させて滲まないように溶剤を揮発させないといけないかもしれません。

こういうものの対応方法は今後の課題ですね。

 

【社格】 延喜式式内社(野身神社)論社 郷社

【御祭神】 須佐之男命 野見宿禰命

今回頂いた御朱印です。

nomijinja.jpg  

【所在地】 大阪府高槻市野見町6-6→地図

【公式HP】 http://www.nomijinja.jp/

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。