スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


富島神社(大阪府大阪市北区)

富島神社(とみしまじんじゃ)

地下鉄中津駅から北に十三大橋からは淀川沿いを東に向かった辺りにこの神社は鎮座しています。

 

この神社が鎮座する地は現在大阪市の北区に属しておりますが、大正14年(1925年)に中津村(1911年に町制に遷り中津町)に属しておりました。

この中津町、新淀川(現淀川)の元になった中津川の左岸(南側)に位置する領域であったのですが、この中津川がうねるように蛇行する暴れ川であったらしく、淀川改修に合わせて大きく真っ直ぐにし新淀川としてしまいました。

お陰で、中津町は淀川に分断される形になり、更に町域の6割が川底に没する形になってしまいます。

その為に、他と違って明治の合祀令の前に他社の遷宮が行われたという一風変った来歴を持っています。

 

この神社の創建は足利時代以前に遡るようですが、中津川の水害により古文書などを喪失し仔細は判らないようです。

ただ、足利時代には牛頭天王社もしくは祇園社として存在して居たと社伝には残っているようです。

後明治の神仏習合禁止により、牛頭天王社改め素盞嗚尊をお祀りする利島神社に、淀川改修に伴い水没する島神社を境内末社として遷宮、合祀令に従って四社(四社の内、一社は水没した神社を先に合祀しているので、事実上五社)を合祀し、淀川両岸に広大な氏地を持つ富島神社として社号も改めます。

そして、昭和39年に次回別途ご紹介させていただくつもりの塚本神社(旧八坂神社)を別社として独立今に到ります。

 

淀川沿いで非常によく見る形の牛頭天王社が元になっている神社ではありますが、

淀川両岸に跨った氏地と水没した社を合祀した神社として印象に残るものでした。

 

また、こちらお参りの際には、少し手間に成るかもしれませんが、十三大橋淀川北岸堤防上にあるプレートをご覧頂けたらいいかもしれません。

新淀川と中津川の説明を書いたものですが、その地図と実際に目にする淀川、そして旧中津村について思いを馳せられるかもしれません。

 

【社格】 村社

【御祭神】 速素盞嗚命

天照皇大神 八幡大神 奇稲田姫命 豊受皇大神 住吉大神 菅原道真公

今回頂いた御朱印です。

富島神社  

【所在地】 大阪府大阪市北区中津2-5-10→地図

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。