スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


大依羅神社(大阪府大阪市住吉区)

大依羅神社(おおよさみじんじゃ)

長居の宮・保利神社より南に大和川の手前までどんどん歩いていくとこちら大依羅神社に到ります。

この地域苅田と隣地我孫子を含め依羅村という村名になっていた様で、この神社と地名には関連があったりします。

太古、この地には依羅氏という豪族が住まいしており、我孫子の地名も神功皇后の三韓征伐に活躍した依羅吾孫子にちなんでいるようです。(吾孫子自体は、どうやら網引きより(漁業)に関する役職で朝廷に魚などを献じる役職だったらしいです)

 

神功皇后により依羅吾孫子の何某がこの地にて住吉三神を祀る事を命じられ、三神を祭る共にその依羅氏の祖神の建豊波豆羅別命を祀っております。

延喜式には名神大社として収載されており、往時は摂津国内で住吉に次ぐ二番目の大社として非常に格式の高い扱いを受けていた様で、八十嶋祭に於いては別座を与えられていたようです。

その辺りは、古事記日本書紀三大実録延喜式等の国史の収載状況からも伺えます。

南北朝時代の依羅氏の衰亡と共に社盛衰え、社領の没収などを経てきましたが、明治には府社として列しております。

また明治の合祀令の際には周辺五社を合祀いたしますが、その中には草津大歳神社や奴能太比売神社の式内社が含まれており、往時の社盛にふさわしい扱いをされています。

 

また境内南には崇神天皇と推古天皇の時代に開削された依羅池の旧蹟を示す石碑が建っており、この灌漑用の池とその水田を管理していたように伝わっております。(依羅池は新大和川の開削等により縮小し、現在この石碑しか痕跡が残っておりません。川向こうの東浅香遺跡で池の一部が確認できているようですが)

 

住吉区南端に当たり、他の神社とも少し距離を隔ててはおりますが、住吉区の各社をお参りする際には是非とも押さえておきたい神社です。

 

【社格】 延喜式名神大社 府社 (合祀社 延喜式式内社 草津大歳神社、奴能太比売神社)

【御祭神】 住吉三神 建豊波豆羅別命

(以下合祀神社御祭神)草津大歳大神 奴能太比売大神 建速須佐男大神 奇稲田媛大神 八柱御子大神 大山大神 素盞嗚尊二座

今回頂いた御朱印です。

大依羅神社  

【所在地】 大阪府大阪市住吉区庭井2-18-16 →地図

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。