スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


住吉大社(大阪府大阪市住吉区)

住吉大社(すみよしたいしゃ)

生根神社から少し南に歩くと住吉大社に至ります。

境内地だけで約三万坪の面積を有し、摂津一宮の風格は付近に至るだけでも存分に伺えます。

大阪で現存唯一の路面電車である阪堺電車でも境内地北西隅付近の住吉駅と鳥居正面付近の住吉鳥居前駅の二駅を擁している状況で、その広さの一端が伺えるかと思います。

実際、私が参拝する際には鳥居をくぐってから毎回一時間以上掛けてしまうんですよね。

今、摂末社の結構な数が修理工事中で、第一本宮と大海社・大歳社に一時的な遷座をされている状況でこれなので、全てをきっちりと参拝して回ると更に時間が掛かるのでしょうか。

 

とにかく摂末社の数が多いです。

御朱印拝受の際に頂いた由緒書きには主だった10社の摂末社が記載されておりますが、これでもまだ一部なんですね…。

うち8摂末社に関しては御朱印を頂きましたので、別途記事を割くつもりですが。

御社殿も独特で底筒男命、中筒男命、表筒男命の三柱を一宮づつお祀りし、奥より第一本宮、第二本宮、第三本宮と縦位置に配置し、第三本宮に並ぶ形式で神功皇后をお祀りする第四本宮を配しており、他に類を見ない配置だそうです。

本殿は当然住吉造の社殿ですが、宮毎に拝殿が用意されており、四宮参拝でも少し時間が掛かったりします。

 

御由緒はこれまでの大阪の神社で頻出している神功皇后の三韓征伐に関するもので、凱旋時に船が進まぬ事態が生じ、その際にいくつかの神を祀るように神託を受け、その一つがこの地に住吉三神をお祭りするというものでした。

(大阪では浪速区の廣田神社も同様の伝承が残っております)

住吉三神をお祭りすることにより、船が動き出し、忍熊王の反乱討伐を行う事になるのですが、伝承の年号がこの辺り曖昧で、住吉大社の由緒に従うと皇后摂政11年西暦211年となっております。

後、神功皇后をも祀り、延喜式では名神大社・後二十二社制度では中の七社の一つとされ、摂津国を代表する神社として、また現代では大阪府でも最も多くの参詣者を集める神社として今に至っております。

 

大阪にお住まいの方にはもちろん、大阪を訪れる方も是非一度はお参りをして頂きたいお社の一つですね。

 

御朱印に関しては、本宮授与所にて摂末社のものも含めて授与しております。

オリジナルの御朱印帳はお守りなどを授与している授与所で、御朱印の授与は授与所西隅で専属の方がいらっしゃるのでそちらへと、二度手間になりますが、御朱印授与の方はたいてい人が並んでいらっしゃるので、粛々と並んで頂けたらと思います。

(末社楠珺社に関しては楠珺社社務所でも授与されております)

 

【社格等】 延喜式名神大社 二十二社(中の七社) 摂津一宮 官幣大社 神社本庁別表神社

【御祭神】 住吉大神(底筒男命、中筒男命、表筒男命)、息長足姫命(神功皇后)

今回頂いた御朱印帳並びに御朱印です。

住吉大社御朱印帳1住吉大社御朱印帳2住吉大社

【所在地】 大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89 →地図

【公式HP】 http://www.sumiyoshitaisha.net/

関連記事


スポンサードリンク


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【住吉大社(大阪府大阪市住吉区)】

住吉大社(すみよしたいしゃ) 生根神社から少し南に歩くと住吉大社に至ります。 境内地だけで約三万坪の面積を有し、摂津一宮の風格は付近に至るだけでも存分に伺えます。 大阪で...

コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。