スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


田守神社(大阪府堺市堺区)

田守神社(たもりじんじゃ)

高砂神社より西に戻り、なにわ筋阪堺大橋より大和川を渡ると程近く、こちらのお社が見えてきます。

高砂神社辺りから大和川の堤防に上がると、高砂神社、高崎神社、この田守神社と歩きながらこの近在のお社を見て回れるので、こういうのを散歩コースに取り入れられたら退屈しないだろうな等と思ってしまいます。

 

この現在の大和川を渡ると、堺市に入ります。

明治以降の国分けでもおおむねこちらの大和川で摂津と和泉の国が分けられている様ですが、個人的にはそれ以前の基準・方違神社を三国国分の地という方を採用し、旧摂津国諸社参拝の足を堺市の中心部まで伸ばして行きます。

 

堺市の入り口に当たる当社ですが、この地も大和川北岸同様に新田地で、こちらの一帯を三宝と呼ぶそうですが、宝暦(1750年代)に開発された三箇村の新田地から取られたようです。

この田守神社はその三箇村の一つ松屋新田に由来すると思われる地名松屋町に鎮座しており、次回ご紹介予定の月洲神社と三宝の西(田守神社)と東(月洲神社)で氏地を分け合う形になっているようです。

(海岸寄りにある当社は後の堺の湾岸開発に伴い、新日鉄堺工場等の広大な区域を氏地に持つのを見ると南港一帯に氏地を持つ高崎神社を思い出します。)

 

ともあれ、新田開発の成功祈念し延享年間(1740年代)に創建、大和川の護岸等で遷座はしておりますが、以降この三宝西一帯の鎮守として尊崇を集めているようです。

境内地はさほど広くないながらも、鎮守の杜という雰囲気を醸し出しているいい場所でした。

 

ちなみにこのお社、この度の阪神高速大和川線建設の為に遷座を余儀なくされております。

たまたま南側隣地に堺市の市有地があり、これを供与される事によりさほど変らない場所に遷座されるようですが、今の雰囲気をそのまま持っていけるかどうか心配でなりません。

遷座地には新社殿を建てる様ですので、現社殿(昭和三十年代に改築された物ですが)を見られるのもあと二年足らずの間の様です。

遷座の前後にまた二度ほど再訪する予定です。

 

なお、ご祭神に関する来歴諸伝については不明ですが、ご本殿だけでも何か凄い事になってます。

 

【社格等】 村社

【御祭神】 天照皇大神 生国魂大神 八幡大神 春日大神 住吉大神 猿田彦大神 豊受比売大神

今回頂いた御朱印です。

田守神社

【所在地】 大阪府堺市堺区松屋町2-137 →地図

【公式HP】 http://www.eonet.ne.jp/~tamorijinjya/

関連記事


スポンサードリンク


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【田守神社(大阪府堺市堺区)】

田守神社(たもりじんじゃ) 高砂神社より西に戻り、なにわ筋阪堺大橋より大和川を渡ると程近く、こちらのお社が見えてきます。 高砂神社辺りから大和川の堤防に上がると、高砂神

コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。