スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


御朱印の貰い方-2.神社に行ってみる(2.2神社に参拝する)

この記事は御朱印の貰い方-2.神社に行ってみる(2.1御朱印の頂ける時間)の続きです。(連作記事に成っているので、御朱印の貰い方-1.初めての御朱印集めの前に(御朱印とは)から読んで頂けたらありがたいです。

 

御朱印を頂ける時間を漠然と掴んでいただけたので、そろそろ参拝の話に移ろうかと思います。

 

2.2 神社に参拝する

神社や寺社に参拝し御朱印を頂く際に先に御朱印をお願いするのか先に拝殿にお参りするのか、これはどちらの方も居るようです。

先日、住吉大社を参拝した際に授与所のところに放置された御朱印帳がぽつんと…。

恐らく、御朱印を頂いている間に参拝されているのかと思います。

御朱印をお願いする際にも「参拝を済ませられましたか?」等と???な事を聞かれた事からも、中にはそういう人も居るんだろうなと思わされます。

(早くても数分、下手すると墨を摺ったり印を用意したり等と20分等掛かったりもしますから、効率重視な行動をとってるんでしょう)

 

一応、私個人の考えでは、最低でも本殿位には手を合わせてから頂いた方が良いのじゃないかと思っています。

特に、私みたいな小さな神社でも頂く周り方をしていると、社務所から見えるでしょうし、お参りもまだ済ませてないのにお願いするのかと思われかねませんし、効率を考えて逆順にするほどせかせかした気持ちで周る物ではないと思います。(離島で帰りの船便の都合等の特殊事情ならそういうのも仕方がない気もしますが)

 

という事で、当ブログでは先に参拝するのを推奨します。

ついでにいうと、たいてい本殿正面方向にあるメインの鳥居にある由緒書きに目を通してから参拝、御朱印に頂きに行くという方法だと、(相手が話好きなら)神職の方と話すネタになるかもしれません。

 

参拝自体の手順は特に説明不要ですよね。

大阪府だけかもしれませんが、最近は手水舎(手と口を清める場所)と拝殿に作法を図入りで説明してあります。

境内の鳥居をくぐる際の一礼、境内参道の真ん中は避ける辺りは…まあ守って下さい。

一応宗教施設なので、信じていようがいまいがその場所でのルールに従うようにするのがマナーだと思います。

 

(また頂く手順まで書けなかった…)

次回に回します。

続きは御朱印の貰い方-2.神社に行ってみる(2.3御朱印を頂く) (04/19)にて

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。