スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


白山神社(大阪府大阪市城東区)

白山神社(しらやまじんじゃ)

福島区から一転して大阪市の西部に移ります。

一月に実施した16社強行巡拝(行程モデルコースを考えてみる)でお参りした鵲森宮を起点にする事に。

森之宮から中央大通り(大阪市道築港深江線…あれって市道だったんですね)を東に平野川を越えた辺りで北に少し向かった所にこのお社は鎮座しています。

 

この中浜という地は、平野川の西側の森村と北の鴫野村という地の中間地の川浜であった所から名付けられたようで、この平野川は現在そんなに大きな川ではありませんが、元々は大和川の主要河川の一つで、同じくみすぼらしいどぶ川に近い旧大和川本流の長瀬川同様、かなり広い川幅であり、水害で悩まされる様な川だったようです。

この神社の少し南が城東区と東成区の境界線で不自然にこの場所に入り込む線になっておりますが、こちらにも元々は千間川という川が境界上を流れていたようです。

 

前置きが長目になるのは、一応理由があって、この神社の境内が道路からかなり高めになるようにされており、どうやらこの辺りが平野川の堤防だったらしいんですね。

元々は川の合流地点そばの鎮守さんみたいな感じなのでしょうか。

 

由緒略記を見ても創立年代は不詳ではあるが、中浜・森・鴫野の氏神として応永(1400年前後)には神社が成立していたとなっております。

今までの大阪市内の神社に有りがちな石山合戦・大阪の陣で社殿その他が焼失したとの事で、成立時期についてもよくわからない状況のようです。

ただ、こういう風に巡拝していると近在の神社から何某かのヒントが出てきたりするんですね。

当神社が白山権現社から明治の御世に転じて白山神社となったように、すぐ南の地に白山権現をお祀りしていた神社がもう一つ存在いたします。

次回(明後日?)のご紹介になりますが、その辺りから想像を広げてみるのもいいかなと、この話をここで終えたいと思います。

 

境内には府の指定天然記念物の大きな銀杏木がありますので、銀杏が茂る時期に行くと良いのかもしれません…(オスメスまで気にしていなかったので、実の出来るシーズンに伺うのはちょっとしたギャンブルになりそうです)

 

【社格】 村社

【御祭神】 菊理媛神

今回頂いた御朱印です。

白山神社

【所在地】 大阪府大阪市城東区中浜2-3-15→地図


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。