スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


仁徳天皇のお社

神職の方とお話させて頂いている機会があるのですが、最近よく話題になったのが、御祭神の仁徳天皇と東照大権現のお話。

東照大権現の方は、大阪では摂末社ですらお祀りしている神社が少ないですねという話題。

大阪の人間にとっては、この地は太閤さんのお膝元という意識を持っている人間がずっと続いていますし、格別のご縁が無いとお祀りする事も無かったのではというお話で、今までお参りしてきた中ではぱっと出てくるのが三社位という状況だったりします。

 

逆に仁徳天皇の方をお祀りする神社はというと、市内で固まってますねという話になります。

仁徳天皇自体は各地で結構祭られているのですが、どうも八幡宮の若宮(主祭神の子供をお祭りする社。八幡宮(社)の場合は、八幡神つまり応神天皇の子供:仁徳天皇やその他の皇子)として、若しくは有力な八幡宮の若宮を勧請して神社として成立した所が多いようです。

八幡宮自体、源氏の氏神として各地で崇拝されまた勧請されておりますので、それと共に広く分布している物と思います。

 

一方、大阪周辺、特に市内に限っては多くが純粋な仁徳天皇社として仁徳帝の縁の地に鎮座しています。

(一部は合祀され、一部は末社として存在し、また一部は遷座を繰り返しておりますが。)

成り立ちが特殊な大阪護国神社を除いて八社、まだ周りきれていない場所を含めるともう少し数が増えてくるのでしょうか。

(ちなみに北区兎我野町に所在していた若宮八幡社は、兎我野町自体が仁徳天皇とご縁が在る土地という事で、勧請されたようにも思えます。)

 

難波の地に都を置き、民の生活に心を配った仁と徳を持ち合わせた帝として大阪の地に根ざした信仰対象にされたのではないかなと、とある神職の方とのお話を思い出します。

いずれ一段落したら、仁徳帝のゆかりの地・ゆかりの神社を訪ね歩くのも面白いかもしれないですね。

暫定的ですが、そういう地図を作ってみてるので載せておきます。


より大きな地図で 仁徳天皇社(参拝済みのもの) を表示

 

本日はこのあたりで。

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。