スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


高濱神社(大阪府吹田市)

高濱神社(たかはまじんじゃ 別称吹田大宮)

さて、予告通り高濱神社の記事を。

道の判り易さから片山神社から泉殿宮への順路を取りましたが、旧道の亀岡街道片山神社から少し戻ったところからJRを渡り、この高濱神社の前に至るルートを辿ります。

丁度、JR吹田駅の南東方向、商店街を越えたほど近くに至る地ですが、この地は旧吹田街道もこの辺りを通っていたりもします。

吹田の地の要地がこのお社という形ですね。

そして吹田街道を豊中方面に少し進むと泉殿宮付近に至るという位置関係です。

 

このお社の来歴ですが、泉殿宮で触れましたが、かなりの共通点を持っております。

次田連(吹田連)の河内から移住に伴いその祖神(天火明命・天香山命)を祀ったことより発しており、吹田連の一族の氏神として尊崇されたこと、播磨国広峰神社の牛頭天王を八坂神社に迎え入れる際の神輿が付近に滞在した事、またその際に周辺の厄災を牛頭天王のご利益により救われた事。(当社の場合は、神崎川を船で上る際に当地の付近の中州の島に避難滞在し、その際に当地の疫病を取り払った神徳を発揮した事により牛頭天王の祠を祀ったものが後に合祀されたと、細部に関してはやや異なっております)

と、こんな感じです。

 

広峰神社よりの神輿のエピソードの前に僧行基がこの地に石浦神宮寺を建てその際に鎮護として当神社に牛頭天王を祭ったとの来歴も残っており、流れとしては同じ祭神を祀る神社に一時逗留したとも見えますし、逆に何故当社の神徳ではなく広峰神社の神徳としたのかと疑問も出て来ます。

この辺り、これ以上考えても埒が開きそうにないので置きますが、ともかく中世にはこの吹田の地の大宮としての地位を確保していたようです。

 

後に時代が下り一時戦火に遭うなど難儀しておりましたが、豊臣秀吉の名参謀・竹中半兵衛重治の従兄弟に当たる竹中重定(大分府内藩藩主竹中重利の弟)が吹田を領した際にその庇護を受け、明治に至るまでそれが続き今日に至っているとの事です。

 

JR吹田駅・阪急電鉄の相川・吹田の三駅から近いこともあり、今もって栄えているように見受けます。

 

【社格】 村社

【御祭神】 建速須佐之男大神

春日大神 住吉大神(三柱) 菊理姫神 不詳神二座(火明命 天香山命と推定される)

今回頂いた御朱印です。

高濱神社

【所在地】 大阪府<吹田市高浜町5-34 →地図

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。