スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


茨木と春日神社

茨木という地は中臣鎌足所縁の地であったこともあり、その影響でか、中世には藤原氏の荘園となる土地が多数存在したようです。

そしてそういう土地の多数が藤原氏の氏神である春日大社に寄進され、この地には春日大社の社領が存在することになります。

その様な土地では、新たに春日社を築かれたり、元々そこにあった社が春日社に置き換えられたり、また祭神に天児屋根命を迎えることによりその支配を強めて行こうという流れになるのは必然でしょう。

まあそういう所以があって、茨木市内には大阪神社庁が把握しているもので春日神社が8社、摂社末社として取り込まれたものも入れるとそれ以上の数が存在することになってます。

幸いにして神職が主に管理する本務社になっているのは庄の春日神社だけですので、御朱印集めという意味では茨木の春日神社としてはその一社だけになるんですけどね…

まあ豆知識みたいなものです。

 

本日はこのあたりで。

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。