スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


玉造稲荷神社(大阪府大阪市中央区)

玉造稲荷神社(たまつくりいなりじんじゃ)

三光神社から北に長堀通りを通り過ぎた辺りから中央区に入ります。

この辺りではランドマーク的な位置付けなのか交差点の表示等がありまあ迷わずに神社の鳥居まで到達できるかと思います。

大阪の稲荷社では比較的有名で、知らない方の方が少ないのでしょうか。

 

御由緒では垂仁天皇18年(西暦 紀元前12年)の創祀という事で、今までお参りしてきた神社の中で具体的な年号があるものでは屈指の古さを誇り、仏教の件で物部守屋と対立した際に、この地玉作岡に陣を張り戦勝を祈願されたと、少なくともこの時代には玉作という地名とこの社が成立していた事が伺われます。

そもそも玉造・玉作岡という地名自体が、この大阪の玉造に限らず、勾玉作りを行っている痕跡であり、そういう職工集団の存在する場所にはそれに応じた神が祀られ、そういう遺跡の跡地の付近には古くからの社があったりするんですね。

その後、この社は続いていたのですが、天正四年の兵乱(天王寺合戦、木津川口海戦あたりでしょうか)で社殿旧記諸共灰燼に帰すという難に遭っています。

 

のち再興されるのですが、この地はある意味豊臣秀吉の大坂城にとってはかなりの要地で、現三光神社の付近に真田丸が築かれたり、その地宰相山付近に大老前田利家の屋敷が配置されたように、そこより大坂城に近いこの玉造の地も周辺に有力武将の屋敷が配置されています。

当然そこに鎮座する神社たる当社にも役割が与えられ、秀吉が稲荷神を深く信仰していたこともあり、大坂城の守護神としての位置付けを与えられます。

秀吉死後も豊臣家の信仰は続き、残念ながら阪神淡路大震災で損傷を受けましたが、秀頼寄進の鳥居が残っております。

その他色々書くべき事が盛りだくさんなのですが、公式HPが殊更出来がいいのでそちらを見て頂ければいいと思います。

 

巡拝関係では大坂三十三箇所参りの第十番札所跡でもあったようです。

 

【社格】 府社

【御祭神】 宇迦之御魂大神 下照姫命 雅日女命 月読命 軻遇突智命

今回頂いた御朱印です。

玉造稲荷神社

 

【所在地】 大阪府大阪市中央区玉造2-3-8 →地図

【公式HP】 http://www.inari.or.jp/

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。