スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


混ぜるな危険・・・

とある製品を手にお客様と話してる際の1コマ。

「なんか色ついてますね、泡も出ますし…」

「二酸化塩素水は安定で安全って事になってるけど、こりゃ酸入れて活性化させてるからな」

「効果上げる為に混ぜるな危険を地でやってるんですね。でもこんなの一般用で売って大丈夫なんですかね。」

「名が通ってる会社やからデータ位取ってるだろうけど、うちでは扱えんな」

名の通った会社の市販の薬剤でもこういう微妙なものもあるんですね・・・

 

と、何の事やらよくわからない始まり方ですが、混ぜるな危険がテーマです。

御朱印ですけど、中には「神社とお寺は分けなさい」って考えの人も居るでしょうけど、この辺りは本当に「混ぜるな危険」なのか。

個人的には混ぜても問題ないと思ってます。

そもそも神仏の扱いは明治までは明確な線引きしていなかった筈なんですよね。

神社がお寺を抱え込んでたり、お寺が神社を抱え込んでたりで。

ここ150年程度のぽっと出の習慣に引きずられる事も無いんじゃないでしょうか。

神仏霊場会もそういう発想で、過去の風習を取り戻そうとやられているようです。

 

と言いながら、私の朱印帳には今のところお寺さんの朱印は在りません。

分けてるんじゃないんです、神社にしか目が行かないだけなんです。

 

本日はこのあたりで。

関連記事


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。