スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


湊川神社(兵庫県神戸市中央区)並びに楠公御墓所

湊川神社(みなとがわじんじゃ)

八宮神社より南に向かうと大楠公こと楠正成公などを御祀りする湊川神社が御座います。

 

戦前の教育を受けた方や太平記に触れた事がある方等には、この楠正成公に馴染みがあるのではないでしょうか。

NHKの大河ドラマ「太平記」でも武田鉄也がこの楠公を演じ、特にゲリラ戦に才を発揮する稀代の軍略家、武士として足利尊氏の行おうとする武家政治に理解を示す一方で自らを引き上げて信頼を寄せ続けていた御醍醐帝に最期まで従いその節を通すという忠君の士、そういう人物の魅力を伝えておりました。

 

この現在でも魅せられる方の多い楠公ですが、その生き方生き様に魅せられた人間は古来より存在し、大日本史編纂に際し再確認した水戸藩主徳川光圀公もその一人であったりします。

元禄五年(1692)、徳川光圀公は家臣の佐々介三郎宗淳(時代劇水戸黄門の助さんのモデル)を派遣し、大楠公の墓所との伝承があった同地に「嗚呼忠臣楠子之墓」の墓碑を建立します。

後に幕末に至り水戸学等に影響を受けた憂国尊皇の志士達にとっての特別な地となり、この地に立ち寄り大楠公の業績と勤皇の志に思いをはせ、自らの勤皇の志を誓い、新時代の形成に身を投じていきました。

 

その幕末より水戸藩・尾張藩・薩摩藩などでも楠公の遺徳を偲び顕彰慰霊すべしの機運が高まっておりましたが、明治に至り明治天皇より楠公を顕彰する神社創祀の勅命が下され、いよいよその社を創る事になります。

 

明治二年、楠公御墓所、殉節地(自刃した場所)がある当地がその場所にふさわしいとなり、その二所を含む地域を境内地とする事が決定され、明治五年になり、楠公とその子小楠公・正行卿、並びに殉節に従った一族十六人と菊池武吉卿をご祭神とする湊川神社として祀られる事になります。

後に建武の新政の立役者御醍醐帝と新政と南朝に忠節を尽くした人物を祀る建武中興十五社の魁として、また国に殉じた人物を慰霊顕彰として祀るという意味では靖国神社や護国神社にも繋がるもので、神社の新しい祀り方という意味では大きな意味を持つ社であるともいわれています。

ともあれ、現在はそういう国家的な意義・意味を離れ、純粋に大楠公を崇敬する参拝者で溢れる神戸有数の大社という形であり、今後もそういう形であり続けると思います。

 

 

神社の社務所で神社の御朱印と大楠公墓所の御朱印、そして神戸七福神毘沙門天札所としての御朱印の三つが頂けるようです。

神戸七福神については、特に毘沙門天が祀られている訳ではなく、楠正成公を毘沙門天に見立てて七福神の一柱としており、自分の中で違和感があったので頂いておりません。(少し無理やり感が強すぎたので)

また、紺地の無地の御朱印帳の販売も行っており、他の神社よりも少しお安いような記憶があります。

現段階で御朱印帳に余裕があったことと、無地の汎用品の様だったので今回は購入しませんでした。

 

【社格等】 別格官幣社 建武中興十五社

【御祭神】 楠正成公

楠正行卿(小楠公・正成公実子) 楠正季卿(正成公御舎弟)以下殉節に従った一族16柱 菊池武吉(正成公殉節の際共にする)

今回頂いた御朱印です。

湊川神社 大楠公御墓所  

【所在地】 兵庫県神戸市中央区多聞通三丁目1-1 →地図

【公式HP】http://www.minatogawajinja.or.jp/

記事記載神社:八宮神社(兵庫県神戸市中央区)・六宮神社合祀

スポンサーサイト


スポンサードリンク


八宮神社(兵庫県神戸市中央区)・六宮神社合祀

八宮神社(はちのみやじんじゃ)

間に大神神社等のお話を挟みましたが、神戸のお話に戻ります。

前回、五宮神社にご紹介頂いた、平家と勝海舟所縁の神社祇園神社よりかなり東南に位置する大倉山公園。その大倉山公園のこれまた南東に鎮座する八宮神社に向かいます。

 

生田八裔社巡拝中に五宮からいきなり八宮を目指すという部分で、違和感をもたれるかも知れませんが、こちら八宮神社には六宮神社が合祀されており、八裔社巡拝路としてはこの八宮神社を目指すのが正しい順路となります。

 

六宮神社、八宮神社ともに明治半ばまではそれぞれ楠町、橘通りにそれぞれ鎮座していたのですが、神戸市の市庁舎や高等小学校等の建設により現在地に遷座合祀を行っております。

橘通りにしても、楠町にしても八部郡坂本村に含まれ、合祀令の中で一村一社の方針に従う意味もあり、合祀されたのは致し方ない話でしょう。

この八部郡坂本村には往古に紀朝臣が住まいしていた事もあったらしく、八宮、六宮双方のご祭神にその関わりのある神様がともに祀られております。

 

神社の創建は、他の生田八裔社同様に神功皇后の三韓征伐の帰国後に遡ります。

後、坂本に住いした紀朝臣の祖である武内宿禰がお仕えした応神天皇を六宮に、紀氏と関わりのある素盞嗚尊を八宮に合祀し、明治までそれぞれ旧坂本村の鎮守としてそれぞれ祭られておりました。

そして先に触れた様に明治の42年、遷座合祀を行い、旧坂本村の鎮守として今も尊崇を集めています。

 

八宮巡りの六社目と八社目のお社が同居しているという面白い状況で、八宮巡りでもこちらに一度参拝して七宮神社で終える方と六宮として参拝後に七宮を経て再度八宮として参拝される方の二通りの方が居るようです。(どうも順序良く六→七→八と参拝される方は少数派っぽいですが。)

今回湊川神社等を経由して日跨ぎでの参拝になりましたが、真っ直ぐ目指すと一時間位で八宮神社と七宮神社を往復できそうです。

 

【社格等】 村社

【御祭神】 熊野杼樟日命 素盞嗚尊 (六宮神社)天津彦根命 応神天皇

今回頂いた御朱印です。

八宮神社 六宮神社(八宮神社合祀社)  

【所在地】 兵庫県神戸市中央区楠町3丁目4-13 →地図

記事記載神社:祇園神社(兵庫県神戸市兵庫区),五宮神社(兵庫県神戸市兵庫区)


スポンサードリンク


最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。