スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


須佐之男神社(兵庫県西宮市)

須佐之男神社(すさのおじんじゃ・森具の宮)

西宮の大社の廣田神社を参拝し、再び西を目指して足を向けていきます。

(と言っても、交通手段の都合上、阪神間の三本の路線のどれかに近いところを選ぶような形になってしまいますが。)

自然と南西に足を向け、西宮えびす神社の西付近に当たる芦屋市との境にある郷免町に鎮座する須佐之男神社を参拝する形になりました。

 

さて、この郷免町、芦屋郷の免田があった由縁で郷免という字名から取られたそうですが、昔は御茶屋所町、松下町、屋敷町、弓場町とこの郷免町一帯を森具村と読んでいたようです。(凡そ東は夙川、西は芦屋市との市境、北はJR、南は阪神電鉄で囲まれた場所に成るのでしょうか)

この「森具」という地名も少し時代を遡ると「守具」という字が当てられており、これが夙川の河川名の元になっているらしいです。

「守具」も「宿」が転訛したものらしく、大本を辿って行くと、どうやら古代の西国街道の旧宿駅須岐駅まで行き着く(須岐駅は中世に西宮えびすの門前町から発展した西宮宿に役割を譲って廃れてしまったようですが)というのですから、かなり古くからの地域だったようです。(野見宿禰に縁のある集落で宿禰の宿よりとったという異説などもあります)

 

さて、こういう風な背景を持っているこの神社ですが、創建年代はあまりよく判っておりません。

異説の方の野見宿禰に縁のある方達がその祖神である須佐之男命をお祀りしたという伝承も伝わっているようですが、年代の方は不詳です。

慶長年間には牛頭天王社としてすでに鎮座しておりまして、明治になり須佐之男神社と改名し現在に至っております。

 

桜で有名な夙川を境にして西側一帯をこの社、東側を西宮えびすとで分け合う形で氏地とする当社ですが、全国から参拝者の集う西宮えびすと対照的に氏子を除くと外部からの参拝者はさほど居ない神社であるらしいです。

立地(夙川駅等からも近く、ほぼ国道二号線沿いなんですね)の割に惜しい事ですが、そのお陰か村の鎮守としての雰囲気をしっかり守っています。

そういう素朴な神社ゆえに、外部への発信など現段階であまり行っておらず、略歴なども今作成途中な様です。

来年辺りまでに出来上がる予定と伺っておりますので、夙川の桜が咲き乱れている頃にまたお伺いできればと思っております。

 

【社格】 村社

【御祭神】須佐之男命

天照皇大神 建御名方神

今回頂いた御朱印です。

須佐之男神社(西宮森具)  

【所在地】兵庫県西宮市郷免町2-1 →地図

記事記載神社:廣田神社(兵庫県西宮市),西宮神社(兵庫県西宮市)・西宮えびす神社

スポンサーサイト


スポンサードリンク


廣田神社(兵庫県西宮市)

廣田神社(ひろたじんじゃ)

西宮神社をお参りしたからにはと、元本社の廣田神社を是非とも参拝せねばと急ぎ北に。

土地勘があったのも幸い約20分という短時間で国道171号線から見える大鳥居まで到達。

気が抜けたのかここから本殿まで15分と約半時間少しで何とかたどり着く形になりました。(大鳥居の辺りから淡々とした結構長い参道が続いてます。今は境内傍にバス路線が通っていてバス停から降りたらすぐなんですけどね)

 

神社の鎮座する大社町は上ヶ原や甲陽園の丘陵地・高台を挟んで神功皇后の伝承の残る甲山が聳え立ち、同じく神功皇后に縁のあるこの神社を含んで昔は聖域として存在したのでしょうか。

今はその間の丘陵地は閑静な住宅地と関西学院や神戸女学院等のミッション系の学校で構成されている文教地区になってしまってますが…。

 

さてこの神社、201年の神功皇后の三韓征伐からの帰還の際に武庫の浦にて船が先に進まずに、その際の神託で祀られた長田・生田・住吉と時を同じくして祀られた神社になります。

特に武庫の浦より先に船が進まず、その武庫の地の高台に成っているこの地域に天照皇大神の荒御魂をお祀りするという事自体、この廣田神社の重要性が見えてくるのではないでしょうか。

延喜式では名神大社として収載され、後に勅祭二十二社の一社に数えられるほどの扱いを受け、各時代の国内の有力者から数々の寄進を受けてきております。

社領・社域も広大なもので、過去には六甲山全山をその社領としていた程の威勢を誇っていたようです。

また、数々の境内境外の摂末社を持っており、明治以降に独立社となった西宮神社等が有名どころでしょうか。

(現在も式内社名次神社、式内大社伊和志豆神社の同名の論社、式内岡太神社論社の岡田神社等を含め多数の摂末社があったりします)

明治以降もその社勢衰えず、官幣大社と寓され尚高い崇敬を集めております。

 

西宮の神社といえばまずここをとお勧めしたい神社です。

若干交通の便が悪い部分もありますが、背後に一部公園としても整備されている社の杜もあり、歴史的な部分を除いても非常にいい神社だと思います。

境外の末社を参拝しきれていませんので、これから時間をつくって徐々に回って行きたい所です。(岡田神社は女子大の敷地内にあるらしいのでセキュリティ上、外部の人間の参拝は難しそうですが。)

 

【社格】 延喜式式内大社 勅祭二十二社(下八社) 官幣大社

【御祭神】天照皇大神荒御魂

住吉三前大神(筒之男三神) 八幡三所大神(応神天皇 神功皇后 仲姫命) 諏訪健御名方富大神 高皇産霊大神

今回頂いた御朱印です。

広田神社(西宮)  

【所在地】兵庫県西宮市大社町7-7 →地図

【公式HP】http://www.hirotahonsya.or.jp/

記事記載神社:西宮神社(兵庫県西宮市)・西宮えびす神社


スポンサードリンク


最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。