スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


細川神社(大阪府池田市)

細川神社(ほそかわじんじゃ)

伊居太神社より猪名川沿いに通る能勢街道に当たる国道173号に。

伊居太神社からの近道は五月山公園内の動物園(通り抜け可能)を通ってややショートカットする通り順ですが、一度正面参道から戻り猪名川河川敷にある穴織媛の関連の唐船渕の碑を見て川沿いに進んでいく方が風情があるのではないでしょうか。

しばらく173号を進んで行くと紀部大神宮が近くにある木部で亀岡道や摂丹街道、余野街道などと呼ばれていた道に沿う形の国道423号線との分岐に当たりますので、右側のその道に。

丁度、伊居太神社神社より一時間歩いた程度でこの神社が鎮座する吉田町に至ります。

 

この辺りは細河地区等と呼ばれ、大阪にある身近な里山として非常にのどかな風景を見せており、日本の植木産業の最初の地とも言われる場所だったりします。

特にこの吉田町は日当たりも良く松の生育にも適した地であった等非常に人が定住するにも良条件になっており、この近辺でも古くから拓かれていた集落かもしれません。

 

当神社の創建は詳らかではありませんが、延喜式の式内社の古社であり、編纂時の1100年前には都にも名の聞こえる重要な社であった事は間違いありません。

一説には天平年間(8世紀)より以前にも遡るとも言われております。

社勢が衰えたのか、中世に式内社細川神社の比定社として再発見されるまでは池田市の名刹の一つである久安寺の奥院として毘沙門天を奉祀していたようです。

現在は往古の姿の通り式内社の古社としてこの地域随一の社としてまた当地の鎮守として崇敬されております。

 

土地柄、車若しくはバス程度しか交通手段が無く、土地の人以外の参拝者が稀な場所のようです。

ムラの最奥、大阪府神社庁のHPでの住所記載で池田市吉田町山林等失礼な地番になっているのも頷けてしまいます。(実際には吉田町一番地が当てられています)

山の麓に鎮座されており神域と山林の境が判らないので境内地はかなり広大かもしれませんが、参拝者が入っていける場所は非常に狭く、式内の名社のイメージで参拝すると肩透かしを受けるかもしれません。

ただ、この豊かな里山の土地に溶け込んでおり、非常に心地よい空気を持つお社であります。

 

最寄のバス停より社に向かう途中にある川は、今では貴重な蛍の生息地でもあり、参拝するのは初夏がいいのかもしれません。

 

【社格】 延喜式式内社比定社 村社

【御祭神】細川水之大神

五十猛命

今回頂いた御朱印です。

細川神社  

【所在地】 大阪府池田市吉田町一番地 →地図

(阪急池田駅西乗り場3のバス(伏尾台センター、久安寺、余野行きの各バス)にて東山バス停にて下車、すぐの橋を渡っての道をまっすぐ向かってください(注意:案内標識は特に無かったと思います))

記事中記載神社伊居太神社(大阪府池田市)

スポンサーサイト


スポンサードリンク


伊居太神社(大阪府池田市)

伊居太神社(いけだじんじゃ・穴織宮)

二度目の参拝では五社神社より能勢街道を北西に向かう事で向かいましたが、呉服神社より駅前の商店街を北に突き抜けていく方が判りやすいかもしれません。

池田市のシンボル的な存在の五月山の南西端にこの神社が位置します。

地名の綾羽はこの神社の主祭神でもあるアヤハトリから、この伊居太神社やアヤハトリ、クレハトリが来着した伝承の残る唐船渕(とうせんがふち:当神社からすぐの猪名川岸)等が在所する場所です。

 

このお社、呉服神社と上の宮、下の宮の一対の関係で、ご祭神が上の宮に当たる当神社が穴織姫(綾織媛:アヤハトリ)である事以外御由緒はほぼ同じになっております。

即ち、仁徳天皇76年に穴織媛が亡くなり、翌年勅命により穴織媛を祀られたというものです。

御由緒ではこの際に秦上社穴織宮伊居太神社として創建され後延喜式に収載されたとなっております。

一方、延喜式収載の伊居太神社については摂津国河辺郡に鎮座し、当地豊島郡に鎮座する伊居太神社がその延喜式内社であるという話には議論の余地があるようです。

穴織媛の上の宮と呉服媛の下の宮の片側だけが収載されるというのも少し奇妙な感じも受けますので、元々は穴織宮と成立し、何らかの理由で河辺郡伊居太神社を名乗るようになったのかもしれません。

 

ともあれ、隣地が五月山公園ということもあり緑が多く残っており、境内地内は非常に落ち着いた感じを与えるお社で、何度も足を運びたくなる気持ちになります。

特に紅葉のシーズンが特に良い景色と伺ってますので機会を見て再拝したいと思っております。

 

また、境内には延喜式式内社爲那都比古神社の論社に成っている猪名津彦神社が末社として鎮座しております。

機織の四姫を本邦に連れ帰った阿知使主と都加使主が御祀りされております。

 

【社格】 延喜式式内社・伊居太神社論社 郷社

【御祭神】穴織姫 応神天皇 仁徳天皇

今回頂いた御朱印です。

伊居太神社  

【所在地】 大阪府池田市綾羽2-4-5 →地図

記事中記載神社 :五社神社(大阪府池田市)呉服神社(大阪府池田市)


スポンサードリンク


最近の画像

当サイトアクセスランキング


ブログ内キーワード検索
プロフィール

osoumen

Author:osoumen
神社の御朱印集めのつもりが、いつの間にか徒歩での数珠繋ぎ巡拝の様相に。
最近旧道の曲がりくねった道を見るとどうもわくわくしてきます。

摂津国の神社中心の御朱印五目収集参拝中。

スポンサードリンク
カテゴリーツリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
記事ナビ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク集
最新コメント
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。